来春の花粉飛散数予測、北海道・東北以外は「例年より多め」

日本気象協会の発表によると、来春のスギ・ヒノキの全国花粉飛散数は「例年より多い」という  [拡大する]

日本気象協会の発表によると、来春のスギ・ヒノキの全国花粉飛散数は「例年より多い」という 

■その他の写真ニュースはこちら

 毎年花粉の飛散予測を発表している日本気象協会は15日(水)、2009年春のスギ・ヒノキ(北海道域はシラカバ)の「花粉総飛散数」を発表した。同発表によると北海道と東北地方は例年より飛散量が少ないものの、それ以外の地域は「例年より多く飛散する」という。花粉症の人にとって、来春はいつも以上に厳しい季節となりそうだ。

 同予測は今夏の気象条件をもとにして作成。酷暑となったこの夏は平均気温が例年よりも高い地域が多いうえに、日照時間も十分にあったため、総飛散数も例年以上になると予測された。同協会によると「2008年春よりも多く飛散する」地域も多数あり、東海、近畿、中国・四国、九州は“かなり多い”という。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について