『ニコレット』から初のフルーツ味登場

禁煙補助剤『ニコレット』初となるフルーツ味『ニコレット フルーティミント』  [拡大する]

禁煙補助剤『ニコレット』初となるフルーツ味『ニコレット フルーティミント』 

■その他の写真ニュースはこちら

 禁煙補助剤『ニコレット』を発売するジョンソン・エンド・ジョンソン、コンシューマー カンパニー、武田薬品の3社は19日、シリーズ初となるフルーツ味『ニコレット フルーティミント』の発売を発表した。同商品は世界禁煙デーの5月31日より、全国の薬局などで発売される。

 同シリーズのニコチンガムはこれまで、ミント味や“ニコチンのピリピリ感”が感じられるベーシックタイプで展開されていたが、フルーティーな味を好む消費者の期待に応える形で同商品を発売。「禁煙を継続できるよう、味と噛み心地を工夫した」と言い、甘味料にキシリトールを使用しているほか、1個あたり1.8kcalという低カロリー化を実現している。

 『ニコレット』は禁煙したい人のための“ニコチン置き換え療法”に基づいた禁煙補助剤。1978年にスイスで登場し、日本には1994年に医療用医薬品として登場。2001年に一般用医薬品として店頭発売された。現在はパッチタイプとガムタイプを展開している。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について