七夕の短冊、世相を反映し「経済面」に関する願いが2位に

■ランキング表はこちら

 7月7日の“七夕”は、願いを書いた短冊を笹飾りに吊るすと、その願いごとが叶う言い伝えで知られる。そこで、オリコンでは『七夕の日にお願いしたいこと』をテーマに、10〜40代の男女にアンケート調査(複数回答可)を実施。1位の【人生に関すること】に続いて2位には【経済面(金銭面)に関すること】があがり、昨今の不景気による影響が垣間見られた。

 1位となった【人生に関すること】には、「受験生なので受験が上手くいくように」(東京都/10代/女性)、「今、就活中だから就職が無事に決まりますようにとお願いしたい」(北海道/20代/男性)、「家庭や子供の今後がいい方向にいくように祈りたい」(神奈川県/30代/女性)など、それぞれの境遇に沿った将来のことに関する願いごとがやはり最も多かった。

 それに続いて目立っていたのが2位の【経済面(金銭面)に関すること】。100年に1度あるかないかの金融危機の大打撃をうけて「ボーナスカットで苦しい。早く不景気を脱出してもらいたい」(大阪府/30代/男性)、「(景気が)良くなってもらわないと、日々の生活にまで影響が及んでいるから」(東京都/40代/男性)と切実なコメントが多数。特に、働き盛りの30〜40代男性から悲痛な叫びが目立ち、世相を反映した結果となっていた。

 続いて、3位にランクインしたのは【健康に関すること】。「健康でなければ仕事も遊びも全力で取り組めない」(東京都/10代/女性)、「健康は全ての源」(千葉県/40代/女性)という意見を筆頭に、具体的に「新型インフルエンザなどが流行しているので……」(埼玉県/10代/男性)と、いまなお感染症を不安視する声も見られた。

 また、世代別にみると1位は全世代で異なり、「10代」は七夕の彦星と織姫の伝説にちなんで【恋愛に関すること】。「20代」は【人生に関すること】、「30代」は【経済面(金銭面)に関すること】で、「40代」が【健康に関すること】という結果になっている。

【調査概要】
調査対象:自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、10代、20代、30代、40代の男女、各150人、合計1200人
調査時期:2009年6月18日〜6月22日
調査方法:インターネット調査



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について