ビッグエコー、全店で20%以上を禁煙ルームに〜規模としては業界最大

全店舗で“店内分煙化”を推進ていくことを発表したビッグエコー  [拡大する]

全店舗で“店内分煙化”を推進ていくことを発表したビッグエコー 

■その他の写真ニュースはこちら

 第一興商が16日、展開するカラオケルームチェーン「ビッグエコー」の全店舗で“店内分煙化”を推進ていくことを発表した。同社では、フロアにある1店舗当り20%以上のルーム(例:50ルームの店舗では10ルーム〜15ルーム程度)を禁煙ルームとして、分煙化を行う。規模としては業界最大の試みとなる。

 同社は、喫煙率が成年男女の約25%(2009年「全国たばこ喫煙者率調査」より。日本たばこ産業(株)の調べ)という現状を受け、来店する客の要望に応えるとともに、受動喫煙防止に対応すべく、店舗の分煙化を推進する。

 禁煙ルームには、ステッカーやPOPで明確に区別し、フロントでも分煙の推進や禁煙ルームの設置し積極的にインフォメーションしていく。3月1日現在で、ルームの20%以上を禁煙としている店舗は直営店全店となる116店舗。今後は子会社運営店舗へも順次拡大する予定だという。また、20%を達成した店舗については、将来的に30%〜40%まで禁煙ルームの割合を増やしていくという。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について