年金受給者はクレジットカードを作れるのか?

 クレジットカードの審査は「安定した収入」を重視します。では、年金受給者の年金は「安定した収入」としてみなされるのでしょうか。これは、カード会社によって判断が様々であるため、一概にいうことはできません。実際、年金受給者はクレジットカードの審査が通りにくいという事実もあります。しかし、中には年金受給者でも審査が通りやすいカードがあるため、そのようなカード会社を選ぶことがおすすめです。今回は年金受給者のカード事情についてご紹介します。

なぜ年金受給者はクレジットカードの審査が通りにくいのか?

 年金受給者がクレジットカードの審査に通りにくい理由は、主に2点あります。
 1点目は、「収入」です。年金は「安定した収入」だと考える方も多くいます。しかし、年金だけで余裕ある暮らしを送るためには、共済年金が上乗せされて高額の年金を受給できる層であることが条件となります。
多くの場合、年金だけで生活していると、受給額が少ないため、カード会社は後々の支払いの回収が難しいのではないかと考えてしまいます。
 2点目は、「年齢」です。高齢の場合、死亡時に回収ができなくなるといったリスクがあるため、審査が通りにくくなる傾向にあります。

 上記2点が、年金受給者がカードの審査に通りにくい理由です。しかし、もちろん決してカードが作れないというわけではありません。

年金受給者でも審査が通りやすい会社の特徴

 年金受給者がクレジットカードを作る場合は、審査に通りやすいカード会社を見極める必要があります。まず、JCBカードや三菱UFJニコスカード、三井住友カードなどは、ホームページに年金受給者でもクレジットカードが発行できるということが明記されています。このように事前に年金受給者でも発行できることを明記してある会社は審査が通りやすいといえるでしょう。
 また、申込書の職業選択欄に「年金受給者」という選択肢があることもひとつの目安となります。この選択肢がそもそもない場合は、審査に通りにくいカード会社である可能性が高くなります。
 また、大手スーパーのような流通系のクレジットカードであれば、審査が通りやすくなる傾向にあります。このような企業は、お客様の層が年金受給者など高齢者であることが多く、お客様を大切にしているからです。
 上記のようなカード会社であれば、年金受給者でも審査に通る可能性は高くなります。年齢や収入の条件を満たしていることを確認して申し込んでみましょう。

やみくもにカードの申し込みをするのはNG

 どこのカード会社の審査に通るかわからないからといって、やみくもにカードの申し込みをしてしまうことはいけません。なぜなら、短期間のうちに多くのクレジットカードに申し込んでしまうと、お金に困っているのだとみなされて、いわゆる「申し込みブラック」というリストに入れられてしまうからです。
 申し込みブラックになってしまうと、一定期間カードの審査が通らなくなったり、通りにくくなってしまいます。この申し込みブラックは本審査に落ちた場合に登録されてしまうため、どうしても様々な会社で審査を試したい場合には、仮審査を実施しているカード会社を選びましょう。仮審査であれば、個人信用情報期間への登録をされずにすみます。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。