銀行系クレジットカードの特徴とは?

  • 銀行系クレジットカードの特徴とは?

 これから新しく作る場合、どのカードを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。しかし、カードを注意深く見てみると、発行会社や提携会社によってある特徴に気付きます。その傾向ごとに分類したものが「系統」です。
 ここでは銀行が発行しているクレジットカード、いわゆる銀行系クレジットカードについてご紹介します。

銀行系クレジットカードとは

 銀行系クレジットカードとは、都市銀行や地方銀行、またはその子会社等が発行しているクレジットカードです。有名なものだと、三菱UFJニコスの「MUFGカード」、三井住友銀行の「三井住友VISAカード」、みずほ銀行の「UCカード」などがあります。ATM使用料やローン金利などが優遇されるため、メインバンクのカードは取得しておきたいところ。
 近年は石油会社や航空会社など様々な企業がクレジットカードを発行していますが、銀行系クレジットカードは未だに主流であり、発行枚数の約4割を占めています。発行元であるキャッシュカードをお持ちの場合は、申し込みが簡略化されるのでお得です。銀行のキャッシュカードやデビットカードと一体化しているタイプも増えきており、1枚のカードで複数の効果を持つのが魅力的。財布の中がスッキリするのもポイントです。

加盟店が多い

 銀行系クレジットカードの強みといえば、加盟店が多いところではないでしょうか。
 クレジットカードブームの先駆けともいえる銀行系は加盟店開拓を積極的に行ってきたため、様々な店舗で使用することが可能。大手系のデパートはもちろん、個人経営のレストランまで幅広いシチュエーションで利用できます。
 また国内に限らず、海外でも安心して使えます。お金を両替することなく直接お買い物できるので心強いですね。万が一紛失したり盗難にあったりしても、海外支店から即時再発行してくれるので安心です。快適なクレジットカードライフを送りたい方にぴったりのカードといえるでしょう。

審査が厳しい

 銀行系のカードは、数ある系統の中で最も審査が厳しいカードといわれています。
 最近では契約社員またはアルバイトであっても雇用や収入が安定していれば審査に通ることがありますが、銀行によっては落とされてしまうこともあります。また主婦や学生は取得が難しいかもしれません。
 なかなか銀行系の審査に通過しない場合は、審査が比較的優しいメーカー系や流通系に申請してみましょう。

メインバンク用に1枚

 銀行系クレジットカードはATM使用料やローン金利などが優遇される等、メインバンクにとっては嬉しい特典ばかり。昨今はキャッシュカードやデビットカードなどと一体化しているカードも多く、財布の中が膨らみがちな方におすすめ。また加盟店が多く、国内はもちろん海外でも使用できるのも魅力です。
 ただしキャッシュカードの中では最も審査が厳しいため、すべての方が利用できるとは限りません。
 なかなか審査に通過しない場合はメーカー系や流通系など系統を変えてみるのも一つの手です。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。