“安眠ソング”、1位はバッハ「G線上のアリア」

■ランキング表はこちら

 最近の厳しい冷え込みのせいもあって「夜なかなか寝付けない!」という悩みを抱える人も多いようだ。そんな時の安眠対策としてアロマキャンドルを焚いたり、あたたかい飲み物で心を落ち着かせるなどの方法がよく紹介されているが、“クラシックを聴く”という手段も効果がある。毎回テーマに沿った「ヨリドリランキング」を展開する、読売新聞の無料会員制サイト「ヨリモ」が、読者を対象に『安眠を誘うクラシックの曲』についてアンケートを実施したところ、1位にはシャープ『AQUOS 』など、CMソングとしてよく耳にすることも多い、バッハの【G線上のアリア】が輝いた。

 1位の【G線上のアリア】に寄せられた主な意見は「40年近く前、中学生のときに、この曲を初めて音楽室で聴き、完全に教室で寝てしまった自分を思い出します」(東京都/50代/男性)、「そのメロディーや当時の出来事を思い出しながら寝ると、身の回りの嫌な出来事を忘れ、安眠できるように思います」(神奈川県/50代/男性)など。実際にこの曲を聴いて眠ってしまった経験があるという人の票が目立った。

 2位は、ショパンの【別れの曲(「過ぎ去った恋」)】。この曲は、武田鉄矢と浅野温子出演のフジテレビ系ドラマ『101回目のプロポーズ』などで使用されたことでもお馴染み。「はかなげな中に思いがこもった情緒あふれる曲調、子どものころから聴きなれているので落ち着きます。最初の旋律から何となく安眠へいざなってくれる感じです」(京都府/30代/女性)のように、心安らぐようなコメントが多数寄せられた。

 続く3位は、パッヘルベルの【カノン】。サッポロ『がぶ飲みミルクコーヒー』など多数のCMソングとして、また、卒業式のBGMとして使われることも多いこの曲。「聴いているだけで、森の中にある教会にいるような気分になれて、ちょっとした開放感とクリアな気持ちにしてくれるマイベスト名曲!」(東京都/20代/女性)などの回答が寄せられ、大自然にいるような感覚を覚えるという人が多いようだ。

 結果を見ていくと、耳なじみのある著名曲ばかりのはずだが、いざ、メロディーを思い出そうとするとどんな曲だったかいまいちハッキリしない、なんて人もいるかもしれない そんな場合は、アンケート上位ランキング曲を中心に制作されたCD『yorimo presents Dormi(ドルミ)』の発売を待てばいい。4月2日(水)に発売されるこのCDで、実際にその安眠効果を体験してみてはいかがだろうか?

(読売新聞の無料会員制サイト「ヨリモ」の人気コーナー「ヨリドリランキング」によるランキング(08年1月18日〜25日にサイト内で投票を受付け、合計で9430人(男性5240、女性4190人)の応募でランキング作成)




■10位以下のランキングは「ヨリドリランキング」に掲載

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について