人気ゲームの映画版『レイトン教授』試写会 重要人物キャラの声優に市村正親

市村正親 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

市村正親 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の大泉洋、女優の堀北真希らが1日、東京・早稲田大学の大隈講堂で映画『レイトン教授と永遠の歌姫』(12月19日より公開)の完成披露試写および舞台あいさつに登壇した。先月に行われた同ゲーム最新版の完成会見で「謎解きが邪魔でしょうがない」とシリーズの根幹にかかわる問題発言を残した大泉は「あれを“失言”と書かれたりして不本意だ!」と開き直りつつも「(映画には)謎解きが無理なく入ってますよ〜」とフォロー。また、大泉が声を演じるレイトン教授らのボス的存在キャラの声優を務めることが発表された市村正親には「1度、奥さん(篠原涼子)と連ドラを一緒にやりました」とプライベートネタを振るなどして、会場をまたしても“大泉ワールド”に包み込んだ。

 2007年にゲームソフトとして発売され、早くから大泉や堀北など著名人を声優として起用するなどの新たな試みが受け、大ヒットしている人気アドベンチャーゲーム『レイトン教授』シリーズ。映画版は、レイトン教授とルーク少年の出会いを描いたゲームシリーズ最新版『レイトン教授と魔神の笛』に続く物語となっている。

 この日、観客の熱烈な歓迎を受けた大泉は「どういう盛り上がりなの?」と一瞬、戸惑いの表情をみせるも「ここに来たのは“在学中”以来ですね」「寝ても覚めてもここでゼミを受けた」と“ウソ”を連発。会場には笑いが起こるも、前回の物議が脳裏に蘇ったのか「(前回の問題発言に続き)今度は“学歴詐称”とかって報じられそう…」と苦笑いを浮かべた。

 そんな彼を隣で見守っていた堀北は「これだけ楽しそうな大泉さんは初めて…」と半ば呆れ顔。そんな中、「(自身が声優を務める)ルーク少年とも、長い付き合いになりました」と話し、作品に対しての自信をのぞかせていた。また、市村は「まさかレイトンシリーズに参加できるとは思っていなかった。光栄です!」とレイトン教授の宿敵・デスコールの声優を務める渡部篤郎とともに、人気シリーズへの参加を喜んでいた。そのほか、舞台あいさつには相武紗季、水樹奈々も出席した。


 大泉洋大泉洋 with STARDUST REVUE水樹奈々

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について