ホッキョクグマの「ツヨシ」、お婿さん候補と同居開始〜釧路市動物園

22日より同居を開始した釧路市動物園のホッキョクグマ・ツヨシ(メス・左)とユキオ(オス・右)(写真:釧路市動物園提供) [拡大する]

22日より同居を開始した釧路市動物園のホッキョクグマ・ツヨシ(メス・左)とユキオ(オス・右)(写真:釧路市動物園提供)

 「オスだと思って婿入りしたけど実はメスだった」ことで話題となったホッキョクグマのツヨシ(メス)が、お婿さん候補のユキオ(オス)と同居を開始した。釧路市動物園が23日、発表した。2頭の同居は22日よりスタート。初日は1時間、翌日は2時間の同居を行っており、同園によると相性はまずまず。今後も観察を続けながら同居時間を増やしていく予定だという。

 ツヨシは2003年12月に札幌市円山動物園 で誕生し現在8歳。生後3ヶ月の頃に外見による性別判断が実施され、尿道と肛門の距離が近いことから“オス”と判断。ツヨシと名付けられ、05年1月に“お婿さん”として釧路市動物園へ渡った。同園で繁殖のための同居が試みられたが一向にその気配がなく、08年11月に再検査を行ったところメスと判明。すでに地元のアイドルとなっていたため名前は変えず、現在も“ツヨシ”の名で来園者に笑顔と癒しを与えている。

 そんなツヨシの“お婿さん候補”であるユキオはドイツ生まれの24歳。今年4月、上野動物園より来園した。これまでは昼夜別々に飼育されてきたが、ユキオが釧路の施設に慣れてきたことから「日中、運動場での同居が可能な時期」と判断。22日に試験的に同居を開始した。

 ツヨシとユキオの“初同居”は、開園時よりツヨシを屋外運動場で遊ばせ、午後1時に運動場と隣接するユキオの寝室の扉を開く形で実施。お互いに緊張している様子も見られたが大きなケンカはなく、「ユキオはツヨシに駆け寄り、顔を突き合わせて噛み合うようなそぶりや、ユキオがツヨシを追いかける動作が見られた」(同園)という。

 ツヨシが女の子と判明して早3年半。ユキオとの年の差婚が成就し“ツヨシママ”が誕生するか、注目だ。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について