『マンガ大賞 2009』、大賞は末次由紀氏の『ちはやふる』に決定

『マンガ大賞 2009』に輝いた、末次由紀氏の『ちはやふる』(講談社、画像は3巻)  [拡大する]

『マンガ大賞 2009』に輝いた、末次由紀氏の『ちはやふる』(講談社、画像は3巻) 

■その他の写真はこちら

 マンガ好きな書店員が中心となって選ぶ『マンガ大賞 2009』の授賞式が24日(火)、都内で行われ、末次由紀氏の『ちはやふる』(講談社)が大賞に選ばれた。作者の末次氏は都合により授賞式を欠席したものの、会場には書き下ろしのイラストと「賞など無縁のこれまでだったので、いまだにマンガ大賞を受賞したことが信じられません」という喜びのメッセージが届いた。

 会場で披露されたコメントで末次氏は、授賞式への欠席を詫びると共に「ボツをたくさんもらいつつも、まんがばっかり描ける毎日が楽しくて、それだけでもう充分で、今年の1月末のマンガ大賞ノミネート10作品に入ったことを知った時は、“こんなに面白くて立派な漫画家さんたちと同じところに名前が並んでいる”ということが感動的に嬉しくて、今度こそ溢れるぞというくらい充分でした。しかし、その後に予想もしない大賞受賞の報を聞き、充分を通り越してボロボロ泣いてしまいました」と、受賞の喜びをあらわにした。

 また、一時活動を休止していた末次氏は「“末次由紀がまんがを描く”ための場を下さった人がいて、“末次由紀のまんがをいいものにする”ために努力して下さった人がいて、“末次由紀にもう間違いをさせない”ために最大限努力して下さった人がいます。そしてなにより、根気強くもう一度まんがを描くことを待っててくれた読者のみなさん。『ちはやふる』はそういうたくさんの人の思いの上で育ちました」と、感謝の言葉を述べた。

 同賞は昨年度から開催され、今年で2回目。1次選考では08年1月1日から12月31日までに単行本が発表された作品のうち、最大巻数が8巻までのマンガ作品(過去にマンガ大賞を受賞した作品は除く)から、1人の選考員が最大5作品に投票。もっとも投票数が多かった10作品がノミネート。二次選考では、選考員が全ノミネート作品を読んで上位3位を選定。選ばれた作品をポイント制で集計し、大賞を決定している。

 なお、ノミネートされた作品と、二次選考のポイントは以下の通り。

●マンガ大賞2009最終選考ノミネート作品
『ちはやふる』末次由紀(講談社)102pt
『宇宙兄弟』 小山宙哉(講談社)94pt
『3月のライオン』羽海野チカ(白泉社)65pt
『深夜食堂』安倍夜郎(小学館)47pt
『青春少年マガジン1978-1983』 小林まこと(講談社)46pt
『聖☆おにいさん』中村光(講談社)45pt
『とめはねっ! 鈴里高校書道部』河合克敏 (小学館)43pt
『ママはテンパリスト』東村アキコ(集英社)36pt
『トリコ』島袋光年(集英社)25pt
『よんでますよ、アザゼルさん。』久保保久(講談社)15pt

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について