09冬のボーナス使い道は「地デジ対応薄型テレビ」が1位! 注目は 『家電芸人』関連商品も台頭

■冬のボーナス使い道ランキング TOP10

 電通は25日、消費者が選んだ2009年『冬のボーナス使い道』ランキングを発表し、1位には【地デジ対応大画面薄型テレビ】が選ばれた。2011年には地上波デジタル放送に完全移行することを受け、今夏ボーナス時の同アンケートと同様の首位に。注目は、10位の【『家電芸人』関連商品】。バラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の人気企画で紹介された家電製品に、普段は家電に興味が無い人にも強い影響力を及ぼす結果となった。

 冬のボーナスの使い道のポイントは以下の2点。第1に、首位の地デジ対応大画面薄型テレビを筆頭に同ランキング上位を占めた家電系商品の相変わらずの強さ。第2に3位にランクインしたの【国内低価格ファッション】が、冬の新定番商品、発熱保温アンダーウェアとともに、具体的な消費につながる強さを示した。

 だが、同ランキングの注目点は、なんといっても「『家電芸人』関連商品」だ。それぞれの芸人が、お気に入りの家電製品ブランドを取り上げ、その実用性を芸人ならではの話術で紹介する『アメトーーク!』の人気企画。同番組の放送が、家電製品の売上げに反映している節が見受けられ、量販店やメーカーからも注目。2009年流行語大賞にもノミネートされるほど、一般認知度を得た。

 同アンケートの結果を見ても、具体的な商品名を出さず「家電芸人」が紹介しているものを選びたいという、普段あまり家電に興味が無いライトユーザーの声が反映された。今冬のボーナスは、平均で前年同期比15.91%減と、史上最大の下げ幅を記録している。そんな厳しい時だからこそ、後悔しない使い方をしたいという消費者の思いが反映されているのだろう。

【調査概要】
調査時期:2009年11月7日(土)〜8日(日)
調査対象:20〜69歳、男女個人、1000人(国勢調査の人口構成比に準じた性・年代に割り付けた回収数)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査
調査機関:電通総研「話題・注目商品調査2009」





■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について