駄菓子屋の『新幹線ゲーム』を再現したアプリ

バンダイナムコゲームスが1日、配信したiOS向けアプリ『新幹線ゲーム』のゲーム画面 [拡大する]

バンダイナムコゲームスが1日、配信したiOS向けアプリ『新幹線ゲーム』のゲーム画面

 バンダイナムコゲームスは1日、昭和40〜50年代に駄菓子屋などで人気を集めた『新幹線ゲーム』をiPhone・iPod touch、iPad向けアプリで配信した。駄菓子屋ゲーム博物館・岸昭人館長監修のもと復刻されたのは、シリーズの中で最も人気があった『新幹線ゲームII』。また、遊び方はそのままに東京―博多の全13ステージを設けた新ゲーム『新幹線ゲーム 2011』も用意されている。

 『新幹線ゲーム』は投入したコインを機体の両サイドについたレバーではじきながら、途中の穴に落とさないようゴールを目指すコイン式ゲームで1970年代に登場。レバーをはじくテクニック重視のゲームであり、当時の子どもたちは10円玉を握りしめ、駄菓子屋やスーパーマーケットの店先でその腕前を競いあった。

 新しく登場した『新幹線ゲーム 2011』は先の見えない暗闇ステージなどのアクション要素も加え現代風にアレンジ。各ステージをクリアすると東海道山陽新幹線歴代車両の“新幹線カード”を入手することができる。

 iPhone・iPod touch向けの『新幹線ゲーム』のアプリ価格は無料。一度に所持できるコインは10枚で5分ごとにコインが追加される。また、アプリ内でコインを購入することも可能。iPad向けの『新幹線ゲームHD』は税込450円で、コインは無制限。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について