東京ドームシティ「タワーハッカー」営業終了 15年の歴史に幕

営業終了を発表した東京ドームシティのアトラクション『タワーハッカー』 [拡大する]

営業終了を発表した東京ドームシティのアトラクション『タワーハッカー』

 東京ドームシティ アトラクションズは11日、タワーランド内のアトラクション『タワーハッカー』の営業終了を発表した。「運転休止中に老朽化が認められたため」としており、来春に新アトラクションをオープンさせる。

 同アトラクションは1968年に導入した『後楽園タワー』の塔体部分を利用して、1996年4月26日にオープン。地上80mの高さから時速98kmで急降下する日本初の垂直落下型アトラクションとして、後楽園ゆうえんち(当時)時代からのランドマークとして親しまれていた。

 なお、タワーランドの大屋根撤去工事終了に伴い、14日(金)より『わんぱくバス』と『カルーセル』の営業を再開。同日より『お化け屋敷』を『魔界からの恋文』としてリニューアルオープンする。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について