関東私鉄各社、3.11に「一斉停止訓練」

 東日本大震災から丸1年を迎える3月11日、関東の私鉄各社は大地震を想定した全列車の一斉停止訓練を実施する。大地震発生時の被害を最小限に留めるために行われるものだが、「地震災害の風化を防止する」(京王)狙いもある。

 午前10時に訓練を実施するのは、東京都交通局(都営地下鉄全線)、東京地下鉄(東京メトロ全線)、京急電鉄(京急線全線)、京成電鉄(京成線全線)、新京成電鉄(新京成線全線)。

 地震発生時の午後2時46分に行うのは京王電鉄(京王線・井の頭線全線)、東急電鉄(東急線全線)、小田急電鉄(小田急線全線)、西武鉄道(西武線全線)、東武鉄道(東武線全線)、相模鉄道(相鉄線全線)、埼玉高速鉄道(埼玉高速線全線)。

 訓練のための車両停止時間は約30秒〜1分程度。埼玉高速鉄道は停止手配は行うものの実際には速度を15km/hまで減速させるにとどめる。

 東日本大震災発生時、首都圏の鉄道は地震直後から長時間にわたり運転を見合わせ金曜の帰宅ラッシュを直撃。首都圏で約515万人の帰宅困難者が発生した。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について