2010年10〜12月のたばこ販売数47.7%減

 2010年10〜12月の国内紙巻きたばこの販売数量は前年同月比47.7%減の203億本だったと、日本たばこ産業(JT)が28日、発表した。販売低下代金は28.5%減の4133億円。10月1日からのたばこ増税により行われた買い溜めや買い控えの影響が予想され、4〜12月の累計販売数量は9.0%減の1068億本となった。

 昨年10月1日からスタートした“たばこ増税”は100円以上値上げされるもので、増税前には駆け込み購入者が殺到。日本たばこ協会によると、9月の紙巻きたばこ販売実績は前月比88%増の374億本だった一方、10月は販売数量が大幅に落ち込み、前年同月比69.9%減の61億本だった。

 なお、現在のたばこ税負担内訳は、410円の紙巻きたばこ1箱(20本入り)で計算すると国たばこ税が106.04円(25.9%)、地方たばこ税が122.44円(29.9%)、たばこ特別税が16.4円(4.0%)、消費税が19.52円(4.8%)かかっており、計264.4円(64.5%)が税金として徴収されている。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について