サッポロHD、ポッカ買収を正式発表

 サッポロホールディングスは10日、飲料メーカーのポッカ・コーポレーションを子会社化することを正式に発表した。今年3月下旬に現在取得している株式約20%以外のポッカの株を投資会社アドバンテッジパートナーズや明治製菓から取得して所有割合を85.5%まで引き上げ、2012年4月をめどに経営統合をする予定。両社は2009年9月に資本業務提携を締結しており、現在も商品開発や物流・販売面などで協力している。

 買収の理由についてサッポロHDは日本国内の景気回復の遅れや人口の減少、少子高齢化などによる市場縮小を挙げ、「両社がそれぞれに独立して事業展開するよりも、一体となって国内外における酒類・飲料・食品・外食分野において競争力に富んだ新たな“食品価値創造グループ”を構築することが、両社の企業価値向上のための最良の方策と判断した」とし、国内の清涼飲料事業強化や海外進出を加速させる狙いがある。なお、ポッカブランドが広く浸透しているシンガポールでは、ポッカシンガポール社がサッポロビール商品の販売を行っている。

 また、2008年にポッカと資本・業務提携した明治製菓は保有している株式をすべて売却し、資本提携を解消するが、今後も業務提携は継続する予定。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について