ニンテンドー3DSが400万台突破 2週間で100万台のハイペース=マリオ&モンハン効果顕著に

販売台数400万台を突破した『ニンテンドー3DS』(任天堂) [拡大する]

販売台数400万台を突破した『ニンテンドー3DS』(任天堂)

 ゲーム情報誌を発行するエンターブレインは26日、任天堂の携帯ゲーム機『ニンテンドー3DS』の国内累計販売台数が400万台を突破したと発表した。年末商戦向けに人気ソフトが相次いで発売され、12月19日から25日までの1週間の販売台数は過去最高の51万629台。今年2月26日からの10ヶ月間、発売44週目で実売413万5739台となった。

 3DSは発売初週こそ約37万台を販売したが、東日本大震災の影響やキラーソフト不足などで売れ行きが鈍化。4週目で100万台を販売したDSに対し、3DSは100万台突破まで13週を要した。週単位での売上げは10万台未満が続き、8月11日に1万円の値下げが行われると21万4821台を販売。

 年末に向けて徐々に売上げが伸び、今月に入ってから発売された『マリオカート7』(任天堂)、『モンスターハンター3(トライ)G』(カプコン)らがけん引する形で、今月11日に累計300万台を突破。そこからわずか2週間で約100万台を売り上げた。

 ソフト販売も好調に推移し、11月3日発売の『スーパーマリオ 3Dランド』は104万2511本、12月1日発売の『マリオカート7』は108万2391本を売上げ、3DS向けタイトルとしては初めてミリオンセラーとなった。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について