男性のエステデビューが低年齢化 「ひげのデザイン脱毛」需要高まる

 肌の露出度が上がる夏。この時期は、エステティックサロンで「脱毛」の施術を始める女性が多いが、ここ数年では男性の「脱毛」への関心も高まっているという。脱毛に関心を寄せ、エステに足を運ぶ男性は、どのような悩みを抱えているのだろうか? 日本で最初に男性専用エステティックサロンを開業した「ダンディハウス」に、男性の脱毛事情について話を伺った。

■男性も「脱毛」希望者増! エステデビューは低年齢化

 実際に脱毛の施術を受けている男性客の年齢層を尋ねると、「25〜35歳のお客様が多くいらっしゃいます。男性も身だしなみに気を配るのは当たり前の時代となってきており、脱毛への男性のニーズは年々高まっています」と、学校を卒業し、働き始めてから初エステを経験する人が多いという。なかには「サロンに通われているお客様が『息子の脱毛を…』と紹介してくださる方もいらっしゃいます」と、母親の勧めでエステデビューをする男性も存在している。

 女性は早ければ中高生のうちから「脱毛」でエステデビューを経験する人もいるが、男性についても「学生の方も最近増えてきております」とのこと。男女ともに低年齢化が進みつつあるようだ。男性が脱毛の施術を希望する理由は「ひげや体毛が濃いことをコンプレックスに感じている方が多く、(外見の)清潔感を保つため、またコンプレックス解消のためにいらっしゃいます」と、担当者は語る。

■ひげ文化の定着で、「デザイン脱毛」に需要

 さらに、ここ数年ですっかり定着した「ひげ文化」も、男性のエステデビューに拍車をかけている。ひげを生やしたまま会社に出勤する姿を「だらしない」と判断されるなど、今は昔のこと。今やひげは“デザインされる”時代へと移り変わった。この風潮が追い風となり、「美容電気脱毛で1本1本処理し、希望通りの形にひげをデザインしてオシャレを楽しむデザイン脱毛が人気です」と明言している。

 「デザインすることによって、ひげが生えていてもオシャレかつ清潔に見えます。毎日のシェービングの悩みからも解放され、キレイなお肌に整えることも可能」。もはや“無精ひげ”という言葉は、死語になりつつあるようだ。

(取材協力:メンズエステ「ダンディハウス」)

>>エステ特集夏目前! エステデビューは「脱毛」から

>>比べておきたい!エステ顧客満足度ランキング

★漫画、グルメ、サブカルなど“暇つぶしネタ”満載♪
オリコンCS編集部 公式Facebook!

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について