2024年01月13日 17時00分

ダイレクト型、代理店型別、おすすめのバイク保険ランキング発表

満足度の高い「バイク保険(ダイレクト型、代理店型)」とは?(画像はイメージ) [拡大する]

満足度の高い「バイク保険(ダイレクト型、代理店型)」とは?(画像はイメージ)

 顧客満足度調査を実施する株式会社oricon MEは1月4日、「2024年 バイク保険ランキング」を「ダイレクト型」、「代理店型」で発表した。

 「バイク保険ランキング」は、2012年以来今回で13度目の発表。過去5年以内にバイク保険を適用したことがあり、その選定に関与し、支払い金額の把握をしている全国961人(ダイレクト型)、2,470人(代理店型)の回答を元にしている。なお、同日発表の「自動車保険」と同様に、「ダイレクト型」、「代理店型」に分けて発表するのは、今回が初となる。

 調査の結果、「ダイレクト型」は【アクサ損害保険(アクサダイレクト)〈アクサ損害保険株式会社 本社:東京都台東区〉】が3年連続4度目(※1)の総合1位を獲得。さらに全7項目の評価項目別でも「加入・更新手続き」、「商品内容の充実さ」、「事故対応」、「調査・認定結果」、「受取額・支払いスピード」の5項目で1位となったほか、部門別も年代別「40代」、「50代」、区分別「普通二輪」で1位を獲得した。

 ※1.2015年、2022〜2024年(2023年以前は『バイク保険』として受賞)

 実際の利用者からは、「自損事故だったにもかかわらず、保険金がきちんと支払われたこと。またバイクの運搬もきちんとしてくれたこと。保険金の支払いが十分だったこと(50代/男性)」、「 全ての手続きをオペレーターの方が迅速に対応してくれた事(40代/男性)」といったコメントが寄せられている。

 一方の「代理店型」は、【東京海上日動火災保険(東京海上日動火災保険株式会社 本社:東京都千代田区)】が初の総合1位を獲得。さらに評価項目別も「加入・更新手続き」、「商品内容の充実さ」、「保険料」、「事故対応」、「調査・認定結果」、「受取額・支払いスピード」、「ロードサービスの充実さ」の全7項目で1位となり、部門別でも年代別「30代」、「40代」、「60代以上」と、区分別「大型二輪」でも1位を獲得した。

 実際の利用者からは、「事故後に支払われた給付金の金額に納得がいくように説明してくれたこと。金額が妥当だったこと(30代/女性)」、「アプリも充実しており事故処理の経過がタイムリーにわかりよかった(50代/男性)」、「事故後、すぐに連絡が繋がり、補償金も納得のいく金額でした(40代/男性)」といった声が良い点として寄せられている。

【2024年 オリコン顧客満足度(R)調査 バイク保険ランキング(ダイレクト型)】   

1位 アクサ損害保険(アクサダイレクト) 77.0点
2位 チューリッヒ保険 76.9点
3位 三井ダイレクト損害保険 76.5点
※3位までの成立、発表となります。

【2024年 オリコン顧客満足度(R)調査 バイク保険ランキング(代理店型)】   

1位 東京海上日動火災保険 75.9点
2位 あいおいニッセイ同和損害保険 75.2点
3位 三井住友海上火災保険 75.0点
4位 損保ジャパン 74.1点
※4位までの成立、発表となります。

【調査概要】
■ランキング発表日:2024/01/04
■調査期間:2023/09/08〜2023/09/25、2022/08/09〜2022/08/22、2021/08/16〜2021/08/23
■サンプル数:<ダイレクト型:961人><代理店型:2,470人>
■規定人数:100人以上
■調査企業数:<ダイレクト型:3社><代理店型:7社> 
■定義:
バイクの利用において発生する損害を補償する損害保険の内、任意保険を取り扱っているダイレクト型、代理店型の保険会社。ただし、「自動車保険のバイクの補償に関する特約」は対象外とする
■調査対象者 
性別:指定なし 年齢:18〜84歳 地域:全国
条件:以下すべての条件を満たす人
1)過去5年以内に、バイク保険を適用したことがある 
2)バイク保険会社の選定に関与し、サービスに関する支払い金額を把握している
ただし、対人・対物事故などで保険を適用した際に自身が運転していなかった場合や、ロードサービスのみの適用者は対象外とする

オリコン顧客満足度(R)ランキングは、実際にサービス・商品を利用したことがあるユーザーを対象に実施した「満足度調査」の結果。“満足を情報化する”を理念に、2006年より日本最大級の調査規模で展開している。多項目による調査を独自に行い、その結果をサイト上で発表。日本で流通しているサービスや商品に対して、消費者の選択を容易にすること、それらを提供する企業の成長に貢献することを目指している。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について