カードローン、“ブラックリスト”はどう載る? 使い方の失敗例を紹介

  • 【画像】カードローン,失敗例,ブラックリスト

 クレジットカードを利用して限度額内で自由に借り入れのできる「カードローン」。一般のローンと違い「利用用途が制限されない」、限度額までなら「好きな時に借り入れ・返却が可能」などとても便利なものですが、気をつけるべきポイントを知らないまま使ってしまうと、思わぬ事故やトラブルにつながる場合もあります。今回は事例を交えながら、カードローンを使う上で気をつけるべきポイントを紹介していきます。

【ポイント1】使いすぎ

 最初に注意したいのは「使いすぎ」。カードローンは限度額までならいつでもどこでも使えるとあって、借り入れをしても「借りた」という感覚が希薄になりがちです。だが、借りたお金は当然返さなければならない。「使いすぎ」に関する典型的な失敗例は、次のようなケースが挙げられます。

 「家賃の支払いが間に合わなくなり、苦しくなった時に初めてカードローンを使用。すごく便利だったので、その後も友人と飲みに行く時や出先で急にお金が必要になった時などに使うようになった。いつの間にか使いすぎてしまい、気がつけば返済額が自分でもわからない。月々の支払い額はリボルビング払いで一定なので、感覚が麻痺してしまっていた」

 スマホやパソコンの画面で残高を確認するだけでは「お金を借りた」という実感が乏しく、借り入れを軽く見てしまうことが多い。紙のレシートを見える場所に保管する、手帳に現在の借り入れ金額を書いておく、カードローン会社にメールではなく郵便で明細通知を発行してもらうなど、「お金を借りた」という意識を忘れないようにし、残高を正確に把握して使いすぎを予防しましょう。

【ポイント2】支払い口座の残高不足

 カードローンの返済は、毎月決められた支払日に一定額が銀行口座から引き落とされる「リボルビング払い」が一般的。期日までに口座に引き落とし額以上を用意していれば何の問題もないが、次のようなケースで「残高不足」になることもあります。

「前もって引き落とされる額を用意して入金しておいたが、別のカードの引き落としが先に実行されて、知らない間に残高不足に。予定の引き落としが実行されなかった」

 カードローンは期日に返済することを約束して、お金を借り入れる契約です。返済期日をきちんと守ることは契約の根幹に関わる非常に重要なこと。言いかえれば、それさえしっかり守っていればトラブルになることはない。

 期日を守るためには「いつ、いくら支払わなくてはいけないのか」を正確に把握しておくことが何より大切です。これも借入れ金額同様にメールによる通知だけでは意識しづらいので、カードローン会社から郵送で通知を送ってもらう、スケジュール帳に印をつけておくなど、はっきり意識できる形にすることが有効な対策になります。

【ポイント3】支払期限に遅れる

 支払期限に遅れるのはあってはならないことだが、うっかり入金を忘れてしまうことや現金が足りなくて期日に支払いができない場合もないとはいえない。こういう場合に一番やってはいけないのは、次のような対応です。

「返済期日に遅れてしまったが怖いので、そのまま放置。カードローン会社から入金のお願いの通知が来たが無視した」

 支払期日に遅れると、その月の入金分を支払うまでカードローンから新たにお金を引き出すことはできなくなり、契約上の利率に従って遅れた分の「迷惑料」=遅延損害金を払わなければいけない“ペナルティ”が発生します。ただし、きちんと支払いをすれば、カードはまた利用できるので、遅れる際は必ずカードローン会社に電話をし、事情を説明した後にできるだけ早く支払うのが正しい対処法です。遅延のペナルティとして真っ先に思い浮かぶのがブラックリストに載る(信用情報機関に事故情報として登録される)ことですが、一般的に3ヶ月以上連続で滞納しない限りそこまでの処置は取られません。

【ポイント4】使えなくなる

 重要なポイントは上記の3点ですが、これ以外に注意すべき点として物理的にカードが使えなくなる場合があります。例えば次のような場合です。

「借入金残高をしっかり把握していなかったため、借入限度額がいっぱいになってしまった」

「カードを財布に入れてカバンに入れていたら、偶然カバンに付いていたマグネットがカードに触れて読み込みエラーに。必要なときに使えなかったばかりでなく、カードを作り直す羽目になった」


 借入限度額に関しては【ポイント1】をきちんと守れば起こらないので、特に問題はないはず。磁気によるエラーについては、ほかの交通カードやクレジットカードと同様に扱いに気をつけることで防ぐことができます。

まとめ

 列挙すると難しそうに見えるが、簡単にまとめれば「毎月の支払期日に決められた額を返金する」ことがカードローンを利用するために知っておくべきルールであり、車の運転でいえば、交通ルールに当たります。使いすぎに注意をして、口座の残高不足で支払期限に遅れないようにすることで、カードローンでトラブルになることはまずありません。失敗例を参考に、自分なりの工夫をしてみてください。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。