カードローン、ビジネスシーンで役立つ利用法 個人事業立ち上げにも便利!

 会社から独立してフリーランスとなったり、新たに事業を起こすことは、近年では珍しくありません。「いつかは自分の店を…」と考える美容師や料理人も多くいるでしょう。

 個人事業主として事業を起こすときに大きなハードルとなるのが、資金面の問題。または、起業後の資金繰りが挙げられます。今回は起業のための資金や赤字の穴埋めのためなど、ビジネスシーンにおいて役立つカードローン利用法をご紹介します。

開業資金を借りる場合

 平成18年施行の「会社法」により、資本金が1円からでも法人を設立できるようになっています。けれど、事業を始める初期費用としての「開業資金」と開業後に事業を継続していくための「運転資金」は当然かかります。一般的に起業時に必要な費用は以下の通り。
・オフィス(店舗)を借りるための敷金・礼金や火災保険料などの初期費用
・備品や設備の購入費
・打ち合わせのための交通費/交際費
・書籍などの資料費
 このほか、事業の内容によっては広告費や人件費、光熱費なども発生しますし、日々の生活費だってかかります。こうした開業資金をまとめて借りるために、金融機関を利用するのも一つの手。

 カードローンの使用用途は、一般的に自由で制限を設けられていないのが特徴。だが、注意したいのが「事業目的はNG」としている会社がほとんどということ。主な理由として、景気の影響を受けやすく、収入が変動しやすいためで、倒産してしまうというケースが考えられるからです。ただし、まったく融資を受けられないというわけではない。そういった場合には、それぞれでフリーローンのほかに、事業ローンやビジネスローンを用意していることが多い。こちらのほうが限度額も高めに設定されており、使いやすいといえるでしょう。

銀行で借入を行う場合

 別の手段として、銀行での借入も可能です。銀行でも、個人事業主向けに無担保・保証人無しで限度額300万円前後というビジネスローンや低金利の事業者向けローンが用意されています。ビジネスローンは担保と保証人が必要ないという点で借りやすい魅力がありますが、その分、金利が高く設定されていることも多いため、きちんと返済計画を立てるか、長期的な借入ではなく、一時的なつなぎとしての利用をオススメします。

 また、事業者向けのローンは申し込みの際に「事業計画」「収支計画」「資金計画」などの書類が必要です。そうした書類を用意したうえで審査があるため、即日融資ができないケースがほとんど。事業向けのローンは、一般的に審査基準が厳しく設定されていたり、審査にとても時間がかかることが多く、書類を揃えて申し込んでも思い通りに融資が受けられない場合もありえます。

 ただし、「個人事業主だから融資を受けられない」ということではないため、事業計画がしっかりしており、書類がきちんと揃えられれば融資を受けられる可能性もあります。また、ビジネスローンは総量規制の例外として比較的高い金額でも借りることができますが、必要以上に多く申請しすぎると個人事業規模ではかえって審査に通りにくくなってしまうため、この点も注意が必要です。

目的別カードローンは個人事業主の強い味方!?

 すぐに資金が必要な場合には、カードローンの利用がオススメ。先述の通り、担保や保証人が不要で、500万円〜1000万円といったまとまった金額を借入することが可能です。その上、ビジネスローンならば非常に短時間で融資を受けられます。金融機関によっては即日ローンのサービスを行っているところもあるので、申し込んだその日のうちに融資が完了することもあります。ただし、金利の高さというネックはこちらも変わりません。
 
 また、カードローンのなかには“個人事業主専用”のものもあります。当然ながら事業資金を融資することを目的としているため、プライベートな用途では使用できません。ただし、事業資金と個人的な目的が併用して利用できる便利なカードもいくつか存在します。

 ここで重要なのは、目的別カードローンを利用する場合も、そのほかのローン同様にきちんと利用の範囲を守らなければなりません。個人事業主だからといって「融資が受けられない」ということは今やほとんどなく、重視されるのは属性ではなく安定性と信頼です。きちんとこの金額を返せるか、または借りた金額をプライベートの補填に使うのか、事業に使うのかを慎重に考えてから申し込みを行いましょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。