「海外旅行」でこそカードローン! 知って得する活用法

 カードローンが利用できるのは日本国内に限った話ではありません。カードローンは、海外のATMでも簡単にキャッシングすることができるうえ、空港や銀行などで換金するより、有利な為替レートで現地通貨を手に入れることが可能だ。今回は海外旅行でのカードローンの活用法について、国際キャッシュカードとの比較や実際のATMの使い方を含めて紹介していきます。

海外旅行での必要シーン例

●カードローンで安く簡単に現金調達
 先進国ではクレジットカード利用の普及が進んでいますが、タクシーやバスなどの交通機関やチップなど現金が必要となる場面は必ずあります。また先進国以外の国では大都市を除き、現金決済がほとんど。旅行先の国の通貨を入手することは、どの国に行くにしても必要なことです。

 現地通貨の調達には、直接日本円やドルなどの現金を持ち込んで空港や銀行で換金するか、長期滞在なら安全性を考えてトラベラーズチェックなどを利用する方法が一般的でした。だが、現在はクレジットカード1枚で現地通貨のキャッシングが可能となり、換金に代わる方法として親しまれています。カードローンを利用して、現地通貨を用意するメリットは以下のようなものが挙げられます。
<どこでも換金可能>
 クレジットカードなどのキャッシングに対応するATMさえあれば、海外でもいつでも現地通貨の調達が可能です。銀行と違って営業時間を気にする必要もないため、好きな時に換金できます。

<両替手数料が不要>
 両替所で外貨両替を行うと、実際の銀行の為替レートに上乗せされる形で結構な手数料を取られます。この手数料は通貨ごとに決まっており、例えば1USドル当たりでは3円、ポンドでは11円など、利用頻度の低い通貨であるほど高くなるのが一般的。新興国の通貨などでは、15%を超える膨大な手数料がかかってしまうものもあります。その点、カードローンを利用すれば、ほとんどの場合で利用日の実勢レートが使われ、両替手数料もかかりません。

<返済は自由自在>
 両替手数料がかからない代わりに、利用日から返済日までの金利を日割り計算で払う必要がありますが、帰国後すぐに一括返済すれば金利の支払いも安く抑えられます。

国際キャッシュカードとの違い

 現金を現地で用意できるもう1つの手段として、「国際キャッシュカード」を使う方法があります。国際キャッシュカードとは、その名の通り海外でも銀行預金から現金を引き出せるカードのこと。国内でATMを利用しているのと同じ感覚で、海外のATMで現地通貨を引き出せるのが特徴です。

 なお、その際にかかる金額は銀行によって変わりますが、銀行の定めた為替レート+約3〜5%の手数料が一般的。例えば、手数料が4%なら10万円分の通貨を引き出すのに手数料4000円と現地のATM利用手数料(210円程度)が必要な計算となります。引き出しなので、即時決済でわかりやすいというメリットがある一方、口座残高以上の金額が引き出せないデメリットもあります。
国際キャッシュカードとカードローンを比較
 カードローンを使った場合、自分の口座からの引き出しではなく、借り入れになるため、換金の手数料は不要。借入日から返済日までの日割り計算で、金利を支払います。一般的な借り入れ金利は18%前後なので、例えば1ドル=100円で1000ドルをキャッシングし、30日後に返済すると仮定すると、支払うことになる金利は10万円×0.18÷365日×30日分で約1470円。実際に支払うのはこれにATM利用手数料(約210円)を加えた額で約1680円となり、国際キャッシュカードを利用した場合に比べて、かなりお得に現地通貨を入手することが可能です。繰上げ返済が可能なタイプのカードローンなら、帰国してすぐに返済すればさらに利息を小さく抑えることもできます。

海外でのATMの使い方

 実際に海外でカードローンを利用する場合の手順は以下の通りです。
対応ATMを見つける
 ビザカードなら「VISA」や「PLUS」、マスターカードなら「MasterCard」や「Maestro」マークのあるATMを探します。たいてい空港や銀行内、ショッピングセンターなどで見つけることができます。

カードを挿入して言語を選択
 カードを挿入し、操作画面に従って使用言語を選びます。日本語があるなら日本語を、なければ英語を選ぶのが無難でしょう。

暗証番号を入力
 日本語対応のものは画面に従って入力すれば問題ありませんが、英語の場合最低限の用語を覚えておけば安心です。「ENTER PIN(暗証番号を入力)」と表示されたらクレジットカードの暗証番号を入力します。機種により4桁を入力すれば、そのまま次の画面に移るものと、最後に「ENTER」を押す必要があるものがあります。また、機種によっては4桁の番号に続いて「00」を押す必要がある場合もあります。

取引内容と口座を選択
 「SELECT TRANSACTION(取引内容を選択)」と表示されたら「WITHDRAWL(引き出し)」を選びます。続いて「SELECT SOURCE ACCOUNT(取引口座を選択)」の画面に移るので、「CREDIT(クレジットカード)」又は「cash in advance」 を選択します。

金額を指定して現金を受け取る
 次に「SELECT DISPENSE AMOUNT(引き出し金額を選択)」の画面に移るので、引き出したい現地通貨の金額を選びます。自分で金額を指定したい場合は、「OTHER」から金額を入力。現金と明細を受け取って完了です。

まとめ

 銀行・両替所で換金したり、国際キャッシュカードで預金を引き出すより、お得なレートで現地通貨が調達できるカードローン。帰国後すぐに返済するなど、繰上げ返済を行えるタイプなら、より金利を抑えられるメリットもあります。国内でのキャッシングには使わなくても、海外でスムーズに現地通貨を調達する手段として1枚持っておいても損はないといえるでしょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。