格安航空券は当日でも買える?格安航空券の購入方法

  • 【画像】LCC(国内/国際)購入方法

 大手航空会社の正規運賃に比べて、安い料金で販売されている格安航空券。国内・海外を問わず、旅行や出張の強い味方です。ビジネスシーンにおいては、地方での突然のトラブルなどで「今すぐ飛行機を手配しなきゃ!」という場面にも、格安航空券が使えるのをご存じでしょうか。

航空券の当日予約はできるのか?

 IC乗車券をタッチして自動改札を通り抜け、そのまま電車が待っているホームへと大慌てで階段を駆け下りていく…。通勤時間帯の駅では毎日のように見られる風景です。

 電車やバスであれば、このような駆け込み乗車は頻繁にありますが、さすがに飛行機となると、ここまで慌ただしい乗客はめったにいないようです。ほとんどの人は時間に余裕を持って行動しますし、チケットにしても「遅くとも数日前までには用意しておく」というのが大多数でしょう。

 ですが、急な用事で飛行機の手配をしなくてはならない、というケースもあるでしょう。地方の支社、あるいは海外の支社でトラブルがあって、大至急現地に飛ばなくてはならない。妻の出産が予定日より早まりそうなので、単身赴任先から今すぐにでも帰りたい。急な休みが取れたので、海外旅行に行きたい…。理由はさまざまですが「今すぐ飛行機の手配をしたい」というケースは、意外と多いかもしれません。

 このような場合でも、ネット経由で搭乗券を購入することができます。もちろん、空席があればですが、国際線でも出発時刻の2時間前までなら購入が可能です。そして、一般の搭乗券よりも遥かに割安な格安航空券も、一般航空券と同じように当日購入ができるのです。

格安航空券でも当日予約ができる…?

 大急ぎで旅支度を整えながら、ネットで飛行機の空席状況を確認して、そのまま予約。空港に向かう電車の中でeチケットの発行を済ませ、空港に着いたらそのままチェックインして搭乗。まさに駆け込み搭乗ですが、こうしたことは意外と多くの人が経験しているのではないでしょうか。さらに現在では、格安航空券を当日購入することもできるようになりました。

 ネット上には、格安航空券を販売するサイトが数多くあります。これらのサイトはそれぞれに特色があり、割引率や購入可能な受付時間などが少しずつ違います。

 例えば、割引率の大きな格安料金を売りにしているところもありますし、搭乗時間ギリギリでも購入できる、受付時間の幅広さを強みにしているところもあります。受付時間でいえば、国際線で出発時刻の2時間前、国内線ならば90分前までOKというところもありますから、「一番早い便に乗りたい!」という場合には頼もしい存在です。

 もちろん、すべてスマホとクレジットカードで手続きができますから、余計な手間や時間はかかりません。スピーディーに手配でき、お得に乗れるというわけです。

今日の便に乗りたい!そんなとき、航空券を安く買うには?

 急な用事や急いで移動したい理由があるときは、料金など問題ではないかもしれません。とはいえ少しでも安く購入できるなら、それに越したことはありません。そんなとき、いくつかのポイントを知っておくと、航空券をより安く購入することができます。

・株主優待券を利用する
 各航空会社が、自社の株主向けに用意している株主優待券。一般的に通常料金の半額で、しかも空席があれば当日でも搭乗できます。市場に出回っている株主優待券の数には限りがあり、トップシーズンは売り切れになることが多いのですが、「半額・当日購入可」というのは大きな魅力です。もちろん、金券ショップなどに在庫があれば、当日に株主優待券を購入して使うことも可能です。

・変動型運賃のLCCを狙う
 LCCは「変動運賃制度」を採り入れています。これは、需要と供給のバランスを価格に反映させたもので、人気の高い便よりも、空席の多い人気の低い便のほうが安く乗れるというわけです。搭乗当日にチケットを買う場合でも、人気の有無によって料金が違ってきますので、「今日中に出発できればいい」という場合には、人気が低く料金の安い便を探してみることをおすすめします。

 これらのチケットは、格安航空券専門の販売サイトなどで検索・購入できます。チケットの予約・購入を済ませてしまえば、あとは特別な手続きはいりません。ごく普通に空港でチェックインし、飛行機に乗り込むだけです。

格安航空券はいつ買えばいい?

 今回は「航空券の当日購入」についてお話ししましたが、格安航空券は「いつ買うか」によってかなり価格が違います。ですから、事前に予定が立てられるなら、タイミングを計って購入すると、より安く買うことができます。

・早めの購入で大幅割引
 各航空会社が行っている早期割引では、出発日の10週間前あたりを境に、料金を大幅に割引きしてくれます。株主優待価格よりもさらに安くなりますから、すでに予定が決まっていて、変更することがないのであれば、早く買ったほうが得策です。

・LCCは3週間前までに予約・購入を
 各航空会社の「早割」の時期を過ぎてしまっても、LCCでは安い航空券を購入できます。ですが、LCCの航空券は、出発日の3週間前あたりを境に料金が上がっていきます。時期にもよりますが、LCCであっても早めの購入が航空運賃を安く上げるコツです。

・セール時期を狙って買う
 バーゲンセールというと少々聞こえが悪いのですが、LCCは季節ごと、あるいは新規路線の就航記念などに割引セールを実施します。人気の高いチケットは売り切れるのも早いですが、「取れたらラッキー」程度に狙ってみるのもいいでしょう。こうしたセール情報はメルマガなどで配信されますから、日頃からチェックしておきましょう。

 このように、たとえ出発当日でも航空券を安く買う方法はありますし、それを専門に扱うWebサイトは多数あります。日頃から出張の多い人、旅行好きな人はぜひチェックしておきましょう。いざというとき、あなたの強い味方になってくれるかもしれません。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。