横須賀市、日産の電力供給システム「LEAF to Home」を公共施設に導入

 神奈川県横須賀市は、電気自動車から家庭に電力を供給するシステム「LEAF to Home」を市役所などの公共施設などに導入すると発表した。これによりEVの災害時における非常用電源や、電力不足時のピークシフトとしての利用が可能となる。

 同市は、2010年よりモデル事業としてEVタクシーを導入。同設備は、追分行政センターに設置(5月中)され、本年度中に7箇所の設置を予定する。導入後は、災害時の非常用電源として運用を行うほか、電力不足が懸念される今夏に向けてピークシフト活用を段階的に実施するという。

 「LEAF to Home」は、『日産リーフ』に搭載している駆動用のリチウムイオンバッテリーから一般住宅へ電力供給するシステム。同車1台で約2日分の電力を蓄積できるため、停電などの非常時におけるバックアップ電源として使用することができる。

 日産は、今回の導入を通じ公共施設でのEVの利活用方法を検討するほか、将来的な可能性の周知を行う。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。