ホンダ、『スーパーカブ50』をフルモデルチェンジ

フルモデルチェンジした『スーパーカブ50』 [拡大する]

フルモデルチェンジした『スーパーカブ50』

 ホンダは17日、ビジネスバイクとして人気を集める『スーパーカブ50』をフルモデルチェンジし、25日より発売すると発表した。“ニューベーシックカブ”を開発コンセプトに掲げた同車は、2段クラッチシステムを初採用するなど装備を充実。価格も従来のカスタムタイプより4万8300円安い18万7950円とした。

 今回のリニューアルでは、高効率の空冷・4ストローク・単気筒50ccを搭載し、荷物積載時の力強い走りを実現。また、発進と変速でそれぞれ独立したクラッチ機構を備えた2段クラッチシステムをスーパーカブ50に初採用することで、変速時のショックを軽減させた。車体には剛性に優れたパイプフレームを使用。ホイールベースを35mm延長することで荷物積載時のより安定した走行を実現させている。

 なお、デザインは今年3月に発売した『スーパーカブ110』を踏襲。オリジナルのシンプルさを保ちつつ、直線と曲面を融合させた“丸みのある四角”で存在感と力強さを表現する。カラーは、スマートブルーメタリック、バージンベージュなど全5色があり、ビジネスからレジャーまで幅広いシーンに対応する。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について