留学やワーホリで「保険」は必要? “高額医療費”が発生した事例も紹介

「海外留学保険」の必要性とは? “高額医療費”が発生した事例も紹介する [拡大する]

「海外留学保険」の必要性とは? “高額医療費”が発生した事例も紹介する

 留学やワーキング・ホリデーを検討しているなかで、海外留学保険(または海外旅行保険)への加入を悩む人も少なくないはず。留学・ワーホリ向けの「留学保険プラン」は意外と高く、各保険会社の平均は半年で約7~12万円、1年で約15~25万円となっている(2016年11月現在)。安いとは言えない金額だが、本当に保険に加入する必要はあるのだろうか? 事例もふまえて紹介していきたい。

■主な補償内容

 海外では日本とは異なる食生活や生活習慣、気候の違いからストレスを感じやすく、体調を崩してしまうケースが非常に多い。さまざまなトラブルに対応するためにも、海外留学保険への加入を検討しておきたい。保険で受けられる補償は、主に以下のようなものが挙げられる。

・「傷害死亡」海外滞在中のケガによって死亡した場合の補償
・「傷害後遺障害」海外滞在中のケガによって後遺障害を負った場合の補償
・「傷害治療費用」海外滞在中のケガの治療費用の補償
・「疾病治療費用」海外滞在中の病気の治療費用の補償
・「救援者費用」海外滞在中に入院した際に家族が現地に駆けつけた場合の補償
・「賠償責任」海外滞在中に誤って他人にケガをさせたり、他人の物を壊して賠償責任を負った場合の補償
・「携行品損害」海外滞在中に持ち物が盗難にあったり、壊れた場合の補償

■高額医療費が発生した事例

 日本と違い、ちょっとしたケガや病気で受診する際に、高額な医療費を請求されるケースもある。国によっては、医療費をサポートしてくれる制度はなく、全額請求する場合もあるため注意が必要。過去に保険会社へ請求のあった“高額診療費”の事例を一部紹介しよう。

国:アメリカ
医療費:約1千万円
内容:骨盤部の痛みを訴え受診。子宮筋腫と診断され手術+5日間の入院(保険金額不足/別途自己負担あり)

国:カナダ
医療費:約1280万円
内容:発熱・呼吸困難を訴え受診。肺炎と診断され手術+21日間入院し、家族が駆けつけた。

 このように、ケガや病気などを治療に専念するためにも、高額医療費をカバーしてくれる保険への加入は必須といえる。ただし、保険会社によっては一度加入してしまうとプラン等の変更ができないケースもあるので、十分に内容を検討してから申し込みするようにしたい。

(記事/THE RYUGAKU)

>> さっそく確認! 利用者6694人が選ぶ【海外旅行保険】満足度ランキング

>> 海外旅行者必見! 出国後でも契約できるオススメ『海外旅行保険』

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。