インタビュー

低迷続くFX業界の課題とマネーパートナーズ社長が考えるビジョン

低迷続くFX業界の課題とマネーパートナーズ社長が考えるビジョン

FX(外国為替証拠金取引)業界は、98年の外為法改正で解禁されて以降、破竹の勢いで取引高を伸ばしてきた。その結果、一時は100社以上の取引会社が存在したが、今は半減している。そこには、買値と売値の差(スプレッド)競争、ビットコインなど仮想通貨への顧客流出、2016年以降の為替市場の低調な動きなどいくつかの要因がある。取引額が3年連続低下のFX業界が抱える課題と今後の展開について、マネーパートナーズ代表取締役社長・奥山泰全氏に話を聞いた。

マネーパートナーズ 奥山泰全社長インタビュー「個人投資家目線で嬉しいサービスを」

マネーパートナーズ 奥山泰全社長インタビュー「個人投資家目線で嬉しいサービスを」

常に「カスタマーファースト」を企業理念として、サービス提供を推し進めてきたマネーパートナーズが、オリコン顧客満足度ランキングFX取引1位に輝きました。「外為を誠実に」を信念とする代表取締役社長・奥山泰全氏の外為への思いをお話いただきました。

▲インタビュー TOP

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。