4月度首都圏マンション新規発売戸数、前年同月比81.7%増〜大震災の反動増も

 不動産経済研究所は17日、4月の首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県・茨城県南部)のマンション市場動向を発表した。新規発売戸数は4211戸となり、対前年同月(2318戸)比81.7%増、対前月(3462戸)比21.6%増。前年同月比が大幅増加した理由については、大震災の反動とも考えられるという。

 地域別の発売戸数は、東京都区部1618戸(全体比38.4%)、都下769戸(同18.3%)、神奈川県1212戸(同28.8%)、埼玉県452戸(同10.7%)、千葉県160戸(同3.8%)となり、東京都のシェアは56.7%となる。なお、新規発売戸数に対する契約戸数は3444戸で、契約率は81.8%。対前年同月(76.1%)比5.7ポイント、対前月(79.2%)比2.6ポイント増となった。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。