バイクを大切に保管するには

  • バイクを大切に保管するには

 バイクに乗る人は、普段どこに保管していますか。バイクは、保管する場所や利用料金などに手間がかかるうえに、盗まれてしまうなど、セキュリティでの心配があります。バイクを複数持っている場合や、高価なバイクを利用している場合は、さらに不安も大きくなってしまうかもしれません。

 最近では駐車違反の取り締まりも強化されていることに加え、駐車場が不足していることもあって、バイクをどこに保管するかは重大な問題になっています。今回はそんなバイクの保管方法について紹介します。

複数台持ちの場合は保管場所を変えてみる

 バイクが趣味の場合、複数持っている人も多くいます。もしバイクを複数台持っていて、普段使わないバイクがある場合は、保管場所を別々にしてみてもいいかもしれません。

 1か所に全てまとめておくよりも、それぞれ別の場所に置いておく方が、万が一トラブルがあったときなどのリスク分散にもつながります。

 職場やよく遊びに行く場所の近くに保管しておけば、外出先で乗りたいときにすぐ乗れるなど、利便性の面でもいいでしょう。数か所にバイクの置き場を持っていれば、路上駐車をしてしまう恐れもありません。では、駐車場が不足している今、保管場所を変えるにはどういった場所を選べばいいのでしょうか。

トランクルームを車庫として利用してバイクを保管

 大型バイクのハーレーや売れ筋のバイクは盗難にあいやすいといわれています。警視庁の調べでは、平成26年度のバイク盗難数は、3045件に上ります。

 バイクの窃盗やいたずらなどの可能性がある野外で保管しておくことに、不安がある人は、バイクの保管用にトランクルームを探すことをおすすめします。トランクルームであれば、中に何が入っているか外から分からないため、盗難にあう可能性も大きく下がります。

 バイクをトランクルームに入れる場合には、バイク専用に1台ずつ収納できる「個別収納型」や、輸送コンテナをバイク保管用に改良した「野外コンテナ型」などがあります。野外コンテナ型の場合、バイクだけでなく整備道具なども入れるスペースがある場合もあり、自宅に収納する手間が省けるので管理もしやすくなります。

バイク用のトランクルームを探す際に注意すべきこと

 バイク用のトランクルームを探す場合は、トランクルームの入り口とバイクのサイズが合っているかを確認することが大切です。そのためにも契約する前に内覧を必ずしましょう。
 内覧する際にチェックすべきポイントは、「換気口があり、通気性がいいこと」です。また、ヘルメットや小物を置くスペースがあるだけでも、快適さは大違いです。
 セキュリティもチェックしましょう。施錠箇所が1つだけではなく、数か所あるところの方がセキュリティは高くなります。
 バイクの状態を維持するためにも、保管する場所の環境は大切です。金属部品などは、湿気や温度変化に弱い可能性があるので、なるべくリスクの低いトランクルームを置くことが大切です。そのためにも換気がきちんとできているところを探しましょう。
 保管設備のチェックに加えて、シリコン系の潤滑スプレーをかけておくなど、自身でも手入れに気をつければ、さらに安心でしょう。