スペースを取らない!とっておきの衣服の収納の仕方

  • スペースを取らない!とっておきの衣服の収納の仕方

 部屋の荷物の中でも、衣服の整理は特に骨の折れる作業です。シワになりやすい服や黄ばみやすい服、かさばる服など、衣替えの際に収納しても、どうしてもあふれ返ってしまい、なかなか片付かない人も多いと思います。

 衣服がきちんと収納されているだけでも、部屋の印象は大きく変わります。また、どこに何が入っているか分かり、取り出しやすくすることで、朝の忙しい時間にお気に入りの服がなくてイライラしてしまうといったこともなくなります。今回は、衣服のスペースを取らない収納術について紹介します。

衣服のたたみ方を工夫して収納効率アップ

 一般的に、衣服はたたんだ後に,ほかの衣服のうえに重ねて収納していきます。しかし、この収納の仕方だと、普段衣服を取り出すときに下から引き抜かなければならないなど、不便なうえに散らかりやすくなります。また、この収納の仕方だと、周りに隙間ができやすく、収納スペースを有効に利用できません。
 衣服を収納する際は、「収納スペースを意識してたたむ」ことを心がけましょう。収納スペースの広さいっぱいに衣類が入るよう、二つ折りではなく三つ折りにするなど、なるべく小さくして収納します。
 少し手間はかかりますが、収納スペースの幅に合わせた型紙を背につけたたみ、型紙を引き抜いて、さらに半分に折ると、手だけでたたむより、きっちりとコンパクトにまとまります。
 そして、収納する際は、「下から積み上げていく」ことを意識しましょう。普段だと下から順に重ねていくところですが、引き出しを立てて、下から積み上げていくことで、取り出したい服がすぐに見つかりやすくなります。この収納の仕方をすることで、普段より多くの衣類が入るようになるので、収納効率も大幅にアップします。

ハンガーをうまく利用する

 たたんでしまうとシワになりやすい衣服がある場合は、衣装ケースを利用することがためらわれます。また、全てを衣装ケースに収納すると、その分の容量で収納スペースが圧迫されてしまう場合もあります。そのような場合は、ハンガーをうまく利用して収納をしましょう。
 服の枚数が多い場合にはなるべく薄いハンガーを利用してかさばることを避けましょう。薄いハンガーを利用することで、より多くの衣類をつるすことができます。

 丈の短い衣類がある場合は、「ブランコハンガー」を利用することで、クローゼットを二段活用することができます。収納できる枚数が大幅に増えますので、スカートやショート丈のズボンなどが多くある場合には積極的に活用していきましょう。衣装ケースとのスペースとのバランスを考え、ハンガーをうまく利用して収納しましょう。

トランクルームを利用して収納効率アップ

 こうした収納術を利用しても、衣服があふれ返ってしまう場合があります。特に収納スペースがあまり大きくない場合や、そもそも衣服の量が多い場合は、クローゼットの容量にも限界があります。
 その場合は、トランクルームをクローゼット代わりに利用することもおすすめです。衣類だけであれば1畳からの小さなスペースでも十分活用することが可能です。衣替え後のオフシーズンの衣服を全てトランクルームに収納してしまえば、常にクローゼットを、いつもきれいに保つことができます。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。