【ネット銀行】最もオトクな「定期預金」はどこ!? 金利ダントツの1社は…

定期預金でオトクなネット銀行は? (C)oricon ME inc. [拡大する]

定期預金でオトクなネット銀行は? (C)oricon ME inc.

 実店舗をほとんど持たないことで、金利や手数料の面でメリットを生み出す「ネット銀行」。さまざまなサービスの中でも、多くの人が気になるのはやはり「金利」だろう。以前に、著名なネット銀行10社の「普通預金」の金利を紹介したが、今回は各社がしのぎを削る「定期預金」の金利をわかりやすく紹介する。各社によって差があるので、自分に合った1社をぜひ見つけてもらいたい(金利はすべて5月末時点のもの)。

■定期預金は「預入期間」によってさまざま

 ネット銀行各社が0.01%の差を巡り、力を入れているのが「定期預金」の金利だ。ユーザーとしては、高ければ高いほどいいといえるが、各銀行によって傾向は異なる。預入期間の長短にわけてその違いを紹介する。

■預入期間3ヶ月では「じぶん銀行」がダントツ!

 まずは、預入の期間1ヶ月で見ていこう。この中で最も金利が高いのは、【ジャパンネット銀行】の0.057%。定期預金を利用したいが、自分のお金を長期間出し入れできなくなるのが不安という人は、こうした短期の定期預金を利用してみるのもいいだろう。

 3ヶ月では、【じぶん銀行】が0.15%でダントツのトップ。銀行の定期預金金利は、預入期間が長くなるほど高くなるのが一般的。だが、【じぶん銀行】の金利は、この3ヶ月ものが一番高く設定されている。300万円を預け入れたときの利息は1125円(税引前)にもなる。

 なお、同行に新規で普通預金口座を開設後、その翌々月末までにこの3ヶ月定期に預け入れをすると、年0.25%の金利が上乗せされ、0.4%となる特典が。さらに、auユーザーであれば、これに0.15%上乗せされ、“0.55%”という驚きの優遇金利が適用される。

 6ヶ月ものの金利は、【じぶん銀行】と【ソニー銀行】が0.1%の同率1位。僅差で【ジャパンネット銀行】が続く。【ソニー銀行】は、ネット銀行の中でも「将来設計」など長期の運用に向いていると言われており、定期預金については全体的に金利も高い。

■1年以上では「イオン銀行」が魅力

 ここで目を引くのが【イオン銀行】。普通預金や1〜6ヶ月ものの金利では大きな特徴はないものの、1年以上の定期預金では、1年(0.12%)、3年(0.17%)、5年(0.17%)でトップを独占。メガバンクの金利と比べると、約5〜6倍近くに達する。

 イオン銀行には、預金や振込み、口座振替などの利用で「WAONポイント」が貯まるプログラムがある。定期預金でもポイントが貯まるので、実際にはこの金利以上のメリットがあるといえるだろう。

 そのほか、スルガ銀行(ANA支店)は、「マイル付き」「スペシャルギフト付き」「ジャンボ宝くじ付き」といった個性的な商品を用意。もし宝くじに当選すれば、金利どころではないボーナスが得られる可能性もある。楽しみながら資金運用したい人など、好みにより検討してみる価値はありそうだ。

 ネット専業銀行では、金利面でメガバンクにない特色を打ち出していることがよくわかるだろう。普通預金の金利が有利な「セブン銀行」。定期預金では比較的短期の金利がよい「じぶん銀行」や「ジャパンネット銀行」「ソニー銀行」、反対に長期の金利がよい「イオン銀行」といった傾向も理解できたはずだ。また、auユーザーに手厚い「じぶん銀行」、生活圏にイオンがあるとお得度が高い「イオン銀行」など、日々の生活でのメリットなども考慮して、自分に合ったネット銀行を選ぶといいだろう。

>> 「10代・20代」に人気の【ネット銀行】ランキング

>> 「定期預金」で選ぶ【ネット銀行】 利用者の満足度が高いのは…

記事/ 株式会社マイト


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。