SNS、『愚痴こぼせない』が6割以上

愚痴を投稿した人のうち、7人に1人がトラブルを起こしている。(※データ出展「サイバーエージェント」) [拡大する]

愚痴を投稿した人のうち、7人に1人がトラブルを起こしている。(※データ出展「サイバーエージェント」)

 サイバーエージェントは12日、SNSを週5日以上投稿する20代〜30代の男女500名を対象に実施した「SNSの愚痴」に関する意識調査の結果を発表した。「SNS上で愚痴を投稿したくても投稿できないことは多い?」という設問では、64.0%の利用者が【そう思う】と回答。“友達の輪”が広まるほど、なかなか気安く心情を吐露というわけにもいかないようだ。

 友人・知人とのコミュニケーションツールとして、または自分の気持ちを気軽に発信できるツールとして急速に広まったSNSの利用だが、本音をさらけ出せる人はどのくらいいるのだろう? 続く設問では、【愚痴の投稿ができないことが多い】と答えた利用者に「SNS上で投稿したくなる愚痴の内容」について尋ねたところ、【仕事関係の内容】55.3%、【友人・知人に関する内容】34.1%といった、自身と関係の強い内容への愚痴が多くあがった。

 実際にSNSに投稿できない理由については、【自分の投稿を見た人を不快にさせてしまう】(61.3%)、【自分のイメージを悪くしたくない】(39.7%)などが挙がった。

【調査概要】
調査期間:2013年3月22日〜3月26日
調査対象:SNSに週5日以上投稿する20代〜30代の男女500名
調査方法:オンライン調査
調査機関:株式会社サイバーエージェント


Oricon CS Ranking

保険関連ランキング

マネー関連ランキング

通信関連ランキング

生活関連ランキング

ショッピング関連ランキング

トラベル関連ランキング

住宅関連ランキング

受験関連ランキング

転職関連ランキング

美容関連ランキング

法人向けサービス関連ランキング

CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。