【ネット銀行】フリーローンの特徴比較<後編> 金利も紹介

ネット銀行の「フリーローン」の特徴を比較! [拡大する]

ネット銀行の「フリーローン」の特徴を比較!

 無担保で借りることができて、使い道の自由なフリーローン。ネット銀行では、フリーローンやカードローンのサービスを多数提供しており、複数の借入を一本化してまとめて返済するのにも便利といえる。そこで前回(関連記事を参照)に引き続き、各社のフリーローンサービスについて詳しく紹介していく。

 今回は、「イオン銀行」「スルガ銀行」「ジャパンネット銀行」「三菱東京UFJ銀行」の4社を紹介する。

■イオン銀行 カードローンは専業主婦にも魅力

 イオン銀行は、各種カードローンやネット専用商品の「ネットフリーローン」などローン商品が非常に充実している。金利が年3.8%〜13.8%、限度額30万円〜800万円、月々の返済が3000円からという「イオン銀行カードローンBIG」はパートやアルバイト、自営業、専業主婦の方でも申し込むことができる。

 このほか、50万円、100万円、200万円、300万円の利用可能枠を持つイオンバリューカード、自由な用途に利用できるイオンメンバーズローン、金利が年4.8%〜13.5%、300万円まで年収確認書類原則不要のネットフリーローンなども利用できる。

■スルガ銀行 多彩なフリーローンを提供

 スルガ銀行はフリーローン・カードローンの両方を提供。フリーローンは、リフォームプランや教育プランなど目的別となっているが、その中にフリープランが組み込まれている構造だ。たとえば、教育プランの場合は年利7.3〜8.8%だが、フリープランは9.3〜14.9%とやや割高に設定されている。

 また、カードローンは、スルガ銀行のキャッシュカードで必要な時にキャッシングできる自動貸越型で、口座残高が一時的に不足した時は、自動的に融資が受けられるサービスもある。カードローンの金利は利用限度額に関わらず7.0〜14.9%に設定されている。

■ジャパンネット銀行 フリーローンとネットキャッシング

 ジャパンネット銀行は、フリーローンと他行のカードローンに該当する「ネットキャッシング」のサービスを提供。フリーローンは、借入金額は最高200万円。完済まで同じ金額が普通預金口座から自動引落しされる。金利は変動金利となっており、100万円未満は17.75%、100万円以上で14.75%。

 ネットキャッシングは利用限度額が最高1000万円、金利は年2.5〜18%となっている。利用限度額が300万円までは、収入証明書は原則として不要だ。

■三菱東京UFJ銀行 「多目的ローン」と「バンクイック」

 三菱東京UFJ銀行は、フリーローンに相当する「多目的ローン」とカードローン「バンクイック」の2つのサービスを提供。多目的ローンは、事業性資金や投機資金などを除くさまざまな用途に使えるローンで、借入金額は50〜300万円、借入利率には三菱東京UFJ銀行の「短期プライムレート連動長期貸出金利」を基準とする変動利率が適用される。通常金利は5.475%。

 バンクイックは利用限度額最高500万円、金利は年4.6〜14.6%。最短30分のスピード審査で、即日利用も可能。さらに、公式サイトでは「最短40分で利用可能」「平日15時以降、土・日・祝日もOK!」となっており、状況によっては頼りになりそうだ。

>> 「返済のしやすさ」で選ばれた【カードローン】はどこ?

>> 実際の利用者が選んだ【カードローン】ランキング

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。