カードローン、生活を助ける「10万円」の使い方 パターン別に用途を紹介!

 日常生活を送るのに十分な収入はあっても、家電製品の大きな買い物や結婚式・葬式などの冠婚葬祭、子どもの入学・卒業など突発的な支出は多いもの。財布がピンチの時なら「もう少しでいいからお金があれば…」という思いをすることも少なくないだろう。小額から即日借り入れができるカードローンは、そんな急な出費の強い味方。今回は借入金額を10万円と仮定し、パターン別にカードローンがどう生活に役立つのかを紹介していきます。

【パターンA:日常生活のイレギュラーな支出】

 冷蔵庫や洗濯機など家電製品の故障は生活するうえで大問題。早急に買い換えるか、修理する必要がありますが「手元にお金がないから、とにかく安いものを…」という理由だけで選んでしまうと、その後長期にわたって不便を感じたり、結局後日買い直したりということにもなりかねません。小額から借りられるカードローンは、そんな数万円の一時金がほしいときにピッタリ! 最初から本当にほしいものが買えるので、最終的には節約にもつながります。
 物と同様、突然の病気やケガの治療費にも、少額で利用できるカードローンが活躍します。例えば、大腸のポリープ除去手術など、入院を伴う治療が必要になると、どうしても数万円の費用がかかるもの。必要な時に必要な分だけ借り入れをすることで、迅速な治療を受けることに役立ちます。1〜2ヶ月後に下りる保険金を返済にあてれば、すぐに保険金を受け取っているのと同じことなので、非常に便利な使い方の1つです。
 カードローンによる小額借り入れは、家電のほか、車のメンテナンス費用、人間の病気だけでなく、ペットの病気や事故による治療費など、イレギュラーな支払いがある場合に非常に役立ちます。また、車検や人間ドッグなど、ある程度時期が予想できるものでも、足りない分だけ補うことができるのも特徴。上手に利用することで日常生活の不安や負担を軽減できるでしょう。

パターンB:子育てに関わる支出や引越し費用

 数年に1度のタイミングでイレギュラーな支出が発生する子育ても、カードローンを利用できる分野。例えば小学校入学までにかかる費用は、ランドセルや学習机、制服などをあわせて平均約15万円(小学館「小学校入学情報アドバイザー」HPより)。「毎月の学費や経費は払えても一時的な大きな支出はきつい…」「通常の家計から支払うのはきついけれど、定期預金は解約したくない…」という時に、足りない分だけ小額の借り入れができるカードローンが役に立ちます。

 また教育資金として学費や通学費、1人暮らしを始めた後の生活費などは準備していても、受験料や受験の際の交通費まではなかなか計算できないもの。私立大学の受験料は一校2万円〜5万円かかり、地方から上京して受験するとなると、さらに交通費や宿泊費なども加わるため、すぐ10万円単位のお金が必要になってしまいます。受験も「お金が足りないからちょっと待って」と言えるものではないだけに、ひとまず必要な分だけ借り入れをして、後で少しずつ返すようにすれば、貴重なチャンスを逃がさずに済みます
 「イレギュラーな支出への対応」とは少し使い方が異なりますが、引越し資金にあてるのもカードローンの便利な使い方の1つ。転勤や上京などさまざまな理由で引越しを検討する人は多いですが、家を借りるのはもちろん、引越し自体にもお金がかかるもの。荷物の量や移動先にもよりますが、単身や2人暮らしでも10万円ほどかかることは珍しくありません。もし、引越しすることで家賃などが下がるようであれば、先にカードローンで必要な分を借り入れ、引越し後に軽くなった家賃負担を返済にあてれば、安全で且つスムーズに引越しができます。

パターンC:冠婚葬祭での費用

 友人や親族の結婚式は喜ばしいことですが、ご祝儀の平均額は友人で2〜3万円、兄弟なら5万円が相場です。さらには、衣装や披露宴・二次会への参加費などもかかってくるので、立て続けに行われるとたちまち大きな支出となり、財布を圧迫してしまいます。かといって「お金がないから…」という理由で欠席するのは失礼ですし、友人や親族にも申し訳ないもの。そんなときに小額利用が可能なカードローンをうまく活用すれば、金銭面を気にすることなく心からお祝いできるでしょう
 また、結婚式だけでなく、身内のお葬式でも同じことがいえます。亡くなった人を弔うには、お葬式に始まり、墓地、墓石、仏壇の手配などさまざま必要となり、その費用は約数十万円〜数百万円にものぼるといわれています。お葬式だけに限っても数十万円はかかり、香典をあてるにしても持ち出しになる場合が多いのが現状です。お葬式は時期が予期できないので準備が十分でないこともありますが、先延ばしにはできないので、当座に必要な不足分のお金をすぐにまかなえる小額カードローンが役立つでしょう
 結婚式や葬式のほか、盆や正月などの実家への帰省にもカードローンを活用することができます。東京から大阪まで移動する場合、新幹線なら大人1人の片道価格は1万4450円。一家4人で往復すれば、たちまち10万円近いお金がかかり、手痛い出費となります。ですが、小額借り入れを利用することで、極端に生活を圧迫することなく、帰省することが可能になります。

まとめ

 10万円は決して大金ではありませんが、本当に必要な時にあるとないとでは大違い。有意義に使えば、生活に安定や安心をもたらしてくれて、よりよい未来につなげることもできます。貴重なチャンスやちょっとした危機に直面した時こそ、小額カードローンの出番。うまく使ってピンチを乗り切ってください。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。