マンガアプリ 出版社公式の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 アプリの使いやすさ 作品の充実さ 無料作品の充実さ キャンペーン・ポイントの充実さ
男女別 男性 女性
年代別 10代 20代 30代 40代 50代以上

※文字がグレーの部門は当社規定の条件を満たした企業が2社未満のため発表しておりません。

作品の充実さ 満足度ランキング

1位

74.11

広告動画見た時に1回読める分のポイントがもらえるので、無課金でも他のアプリよりかは沢山読める。(10代/女性)

2位

73.87

広告を閲覧する事で貰えるポイントを貯めて、読みたい漫画を最終巻まで読めた点。自分が読みたいジャンルばかりなので、読みたい作品を探しやすい。作品に対するコメントが読みやすくて楽しい。(30代/女性)

3位

73.30

待てば無料で読める作品が多いので良く利用している。1日三回CMを見てポイントを貯めれたり、読むだけでポイントがたまる作品が毎日あり、たまりやすい。(30代/女性)

4位

72.94

結構な巻数分の無料が楽しめるところ。課金は一部の人がすると思うため、ちゃんと無料が充実しているのは課金をしない派の人間としてはありがたい。無料がなかったらダウンロードしていなかった。(20代/女性)

5位

72.36

新着情報、クエストなどのアイコンが可愛くて分かりやすい。マンガの人気ランキングなども分かりやすく、各マンガが一言で紹介されているので興味が湧きやすい。(20代/女性)

6位

71.38

昔の作品から最近の作品まで読める点。無料コインやボーナスコインで読める点。作品の質がいい。昔読んで好きだった作品が気軽に読めるところがいい。(30代/女性)

7位

71.29

3作品を今は読んでますが、毎日の無料チケットとポイントがある程度たまった時にまとめて読めるので助かってます。(40代/男性)

8位

69.93

基本的に無料で読めるので大変いい。おまけマンガも基本無料で見られるので、単行本を買っている時のような楽しみがあっていい。(20代/女性)

マンガアプリ 出版社公式 利用者2,511人が重視した項目

無料作品の充実さ
39.21%
作品の充実さ
30.76%
アプリの使いやすさ
18.64%
キャンペーン・ポイントの充実さ
11.39%

重視項目とはユーザーが、商品やサービスを利用・選定する際に重要視した項目を調査したデータです。数字の大きい項目ほど、重要視している結果となります。

おすすめのマンガアプリ 出版社公式 作品の充実さランキングまとめ

  1. 1位 ゼブラック 74.11点
  2. 2位 マンガMee 73.87点
  3. 3位 マガポケ 73.30点
  4. 4位 少年ジャンプ+ 72.94点
  5. 5位 マンガUP! 72.36点
  6. 6位 マンガPark 71.38点
  7. 7位 サンデーうぇぶり 71.29点
  8. 8位 マンガワン 69.93点
調査データのご提供 顧客満足度ランキング作成時に調査した、集計データ・調査レポートごご提供いたします。

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

2015年度オリコン顧客満足度ランキング
モニター会員に登録してオリコンランキングに参加しよう!
オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
2,511

このマンガアプリ 出版社公式ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

ジャンル・ランキング定義
調査詳細について

調査概要

事前調査
2020/04/01〜2020/06/26
更新日
2020/10/01
サンプル数
2,511人(マンガアプリ 総合型/マンガアプリ オリジナル/マンガアプリ 出版社公式調査における総サンプル数9,412人)
規定人数
100人以上
調査企業数
9社
定義
出版社が独自でマンガを配信・販売しているサービス
調査期間
2020/06/29〜2020/07/03
調査対象者
性別:指定なし 年齢:15〜84歳 地域:全国 条件:週に1回以上、電子マンガサービスを閲覧している人

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れた回答を除外した上で作成しています。
※「ランキングTOP」、「評価項目別」、部門の「業態別」においては有効回答者数が規定人数を満たした企業のみランクイン対象となります。その他の部門においては有効回答者数が規定人数の半数以上の企業がランクイン対象となります。
≫ 詳細はこちら

設問内容 アンケート調査を実施した際の質問事項です。満足度評価項目のほか、該当サービスの利用状況や検討内容を質問しています。

調査企業

推奨意向

継続意向