トランクルームの種類について

  • トランクルームの種類について

 トランクルームと一言にいってもさまざまな種類が存在します。そして、それぞれのサービスによってメリットやデメリットがあります。荷物の置き場だけでなく、引っ越しまでの一時利用や出張時の荷物置き場などで利用するといった用途や、月々の支払いをふまえた予算などによって使い分けることがおすすめです。今回はトランクルームの種類とメリット・デメリットについて紹介します。

屋内型と屋外型のメリット・デメリット

 トランクルームは大きく分けて「屋内型」と「屋外型」の2つに分けることができます。どちらにもメリットとデメリットがあります。用途によって選ぶようにしましょう。それぞれの特徴は以下の通りです。

〈屋内型〉
メリット
・屋外と比べて荷物の劣化が防げる
・場所のセキュリティが比較的高い
・空調管理が行われている

デメリット
・利用料金が高くなりやすい
・倉庫会社の運営しているトランクルームの場合、荷物の出し入れに事業者の立ち会いが必須となり自由度が下がる
・賃貸会社などが運営しているレンタル収納スペースの場合、荷物の管理は利用者に委ねられており、責任を負ってもらえない

〈屋外型〉
メリット
・利用料金が比較的安く済む
・コンテナ入り口に車を横付けできるケースが多く、荷物の出し入れの自由度が高い

デメリット
・屋内型に比べ、敷地内に第三者が入りやすいため、セキュリティ面で不安がある
・空調管理が原則として行われないので、荷物によっては劣化してしまう可能性がある
・荷物に何かあった場合、管理会社に責任を負ってもらえない

 荷物の管理環境やセキュリティ面を重視するのであれば、屋内型のトランクルームがおすすめです。逆に、利用料金を安く抑えたい場合や、劣化の気にならない荷物の場合などは屋外型のトランクルームの方であれば利便性が高い場合もあります。

 屋外型でもセキュリティが厳重にされているサービスなどもあります。一方、屋内型でも荷物管理がしっかりとされていない可能性もあるので、トランクルームを選ぶ際には注意が必要です。

法人向けトランクルームの活用

 トランクルームは、部屋の荷物などを置くスペースとして借りる個人利用のほかに、会社の書類などの保管場所とする法人利用もあります。

 トランクルームの選び方は個人利用と同様、その用途によって分けましょう。重要な書類や商品の保管場所として利用するならセキュリティ・管理環境どちらも安心のトランクルームの利用がおすすめです。プリンターや机など普段は使用していない会社の備品を保管したい場合は、レンタル収納スペースなどを利用することをおすすめします。

 自宅で個人事業などしている場合にも、増えた荷物の一時保管として利用することが可能です。もし利用するとなったら、業務で突然必要になった際にすぐ取り出せるよう、住んでいる所から近い場所にあるトランクルームを基準に探してみるとよいでしょう。
 法人向けとしてサービスを展開しているトランクルームもあります。保管する荷物の種類によって、荷物に適した管理環境で保管することができます。一方で利用料金は高くなります。ただセキュリティや荷物管理環境はしっかりとしているので安心です。また法人利用の場合は、契約時に以下の書類なども必要になる場合が少なくありません。

・発行後3か月以内の商業登記簿謄本
・会社の実印

こうしたものは事前に準備しておくようにしましょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。