“ボーナス優遇”で今が「高金利」!! 魅力的な【ネット銀行】は一体どこ?

キャンペーンが魅力的な「ネット銀行」は一体どこか! [拡大する]

キャンペーンが魅力的な「ネット銀行」は一体どこか!

 夏のボーナスシーズンを前に、各銀行では新規預金口座の獲得を狙う金利キャンペーンがスタートしている。なかでも熱いのが、ネット銀行が仕掛けるボーナス期間限定の特別金利だ(金利はすべて6月11日時点のもの)。

 実店舗を持つ金融機関に比べて、ネット銀行は店舗を持たない分、そもそもの金利が高めに設定されている。それが、この時期はさらなるキャンペーンで金利が上乗せされ、なかには「0.60%」という好条件のものもあるのだ。そこで、ネット銀行各社のお得なボーナス優遇金利をチェックしてみよう。

■じぶん銀行■
 円定期預金や外貨預金などを対象とした「夏のボーナスフェア2015」を実施。6月1日から7月31日までに新規で「3ヶ月もの円定期預金」を申し込んだ場合、預入期間3ヶ月の金利が0.45%にアップするキャンペーンを行っている(※通常は年0.40%)。

 さらに、auユーザーであれば、これに0.15%上乗せされ、「年0.60%」になる破格の優遇金利がつく特典も展開している。仮にauユーザーが300万円を預け入れた場合、税引後の利息は3ヶ月(92日間)で3616円となる。

 このほかにも、円定期預金と外貨定期預金など対象商品とセットで申し込んだ場合に、3ヶ月もの円定期預金が「金利+現金」で実質最大2.40%になる「円定期セット預金」などもある。

■ソニー銀行■
 6月1日より9月3日まで「円定期サマーキャンペーン 円定期plus+コース」をスタート。10万円以上から預け入れ可能な円建ての定期預金で、満期は最長10年。銀行側の判断で当初定められた満期日より繰り上がる可能性があり、そのぶん通常の円定期預金よりも高金利に設定されている。なお、満期まで保有した場合は元本保証もつく。

 タイプは2種類で、1年ごとに金利がアップする「ステップアップ型」は当初1年間の金利が0.40%、最長10年目が1.0%。一方、満期まで金利が変わらない「フラット型」は0.550%となっている。

 ちなみに、同キャンペーンの「フラット型」で100万円を預けた場合、満期10年で得られる利息は合計4万3800円となる見込みだ。

■イオン銀行■
 6月1日から8月31日までの申込期間限定で「夏の定期預金キャンペーン」を実施。預入金額300万円未満の「スーパー定期」と300万円以上の「スーパー定期300」が対象で、預け入れ1年〜5年までの期間ごとに特別金利が設定されている。

 1年・2年もので0.2%、3年・5年もので0.3%だ。仮に100万円を5年満期のスーパー定期で預け入れた場合、利息は1万1953円になる見込み。

■楽天銀行■
 5月20日から7月31日まで「夏のボーナスキャンペーン」を実施。円定期預金の金利が預入額に関わらず、1年もので0.25%、3年もので0.30%にアップする。

 たとえば、キャンペーン期間中に300万円を1年の定期で預け入れた場合、5976円の利息が受け取れる見込みだ。

 このほか、特別金利などの設定はないが、新生銀行では8月31日までの期間中、取引金額に応じて最大10万円の現金をプレゼントするキャンペーンを実施。ジャパンネット銀行でも7月31日まで円定期や投資信託、外貨預金などを対象にした最大1万円のキャッシュバックキャンペーンを行っている。

 そのほか、使い勝手など含めて魅力的な銀行は見つかっただろうか。ボーナスの運用や預け先に迷ったら、こうした各社のキャンペーン情報を比較検討の材料にするのもいいだろう。

※金利は金融情勢などにより予告なく変更される場合があります。
※利息は全て税引き後のシミュレーションで概算。預入条件、期間などにより異なる。

(記事/前田智行)

>> 「10代・20代」に人気の【ネット銀行】ランキング

>> 「定期預金」で選ぶ【ネット銀行】 利用者の満足度が高いのは…


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。