話題の“格安SIM”『MVNO』、『自転車保険』を含む計19ランキング発表 『2015年度 オリコン顧客満足度ランキング』

“格安SIM”『MVNO』ランキング総合第1位は、満足度77.37点の【OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)】 [拡大する]

“格安SIM”『MVNO』ランキング総合第1位は、満足度77.37点の【OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)】

 実際にサービスを利用したことがある人を対象に調査した『オリコン顧客満足度ランキング』の計19ランキングの最新版が先ごろ発表された。新規発表された6ランキングのなかには、イオンや楽天の参入などで話題を呼ぶ“格安スマホ”(格安スマートフォン)のベースとなる“格安SIM”『MVNO』ランキングや、兵庫県で加入を義務づける条例案が提出される方針の『自転車保険』のランキングも含まれている。

 今回オリコンが発表した顧客満足度ランキングは、新規のものが『MVNO』『自転車保険』『生命保険』『学資保険』『大学受験 個別指導塾(現役)』『家庭教師』の6ランキング。更新されたものは『自動車保険』『ネット証券』『英会話スクール』など13ランキングあり、合わせて19ランキングとなる。

 話題を呼んでいる「MVNO(仮想移動体通信事業者)」とは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、他社のインフラを借りて通信サービスを行う事業者をいう。大手スーパーのイオンやネット通販大手の楽天などがサービスを開始しているほか、「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブが参入を、日本郵便が参入検討中と報じられるなど、にわかに盛り上がりを見せている。

 その“格安SIM”『MVNO』ランキングの総合第1位は、満足度77.37点の【OCNモバイルONE(NTTコミュニケーションズ)】、“格安スマホ”『スマホ同時購入』ランキングでは、【イオンスマホ(イオンリテール)】が満足度62.42点で第1位となった。

 また『自転車保険』は、2013年に神戸地裁で自転車事故により約9500万円もの賠償を命じる判決が出されるなど、注目度も上がってきている保険だ。事故のあった兵庫県では、自転車の購入者に自転車保険の加入を義務づける条例案が来年の県議会に出される方針だという。この『自転車保険』ランキングでは、【チューリッヒ保険[スーパー傷害保険Lite] 】が満足度73.22点で総合第1位となった。

 さらに『学資保険』や『家庭教師』といったジャンルの顧客満足度ランキングは、受験シーズンが本格化するこの時期、受験生を子に持つ親にとって気になるランキングだろう。ミキハウスが運営する『ハッピー・ノート ドットコム』の調査によれば、47.2%の親が子供が生まれたタイミングで学資保険に加入したという。ランキングはそんな親たちのチェックの対象になるかもしれない。

【MVNO 調査概要】
◇調査期間:2014/10/08〜2014/10/15
◇回答者数:2,800サンプル
◇調査対象者  性別:男女、年齢:18歳以上、地域:全国、条件:過去3年以内にMVNOを3ヶ月以上継続して利用したことがあり、かつMVNOの選定に関与した人

【自転車保険 調査概要】
◇調査期間:2014/09/25〜2014/09/26
◇回答者数:1,545サンプル
◇調査対象者  性別:男女、年齢:18歳以上、地域:全国、条件:過去3年以内に自転車保険に加入したことがある人


『オリコン顧客満足度ランキング』計19ランキング発表!


■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。