トランクルームを利用するときにチェックするポイント

  • トランクルームを利用するときにチェックするポイント

 トランクルームに求める機能や設備は、使う人の目的によってさまざまです。しかし、自分がトランクルームを選ぶ際に、どのような点を基準にチェックしなければいけないのか知らないと、契約してから不便な点が分かって後悔するかもしれません。

 トランクルーム選びに失敗しないためにも、契約する前にきちんとチェックするようにしましょう。今回は、トランクルーム利用において基準となるチェックポイントや選び方の紹介をします。

セキュリティはしっかりしていますか?

 普段使わないといっても、捨てることはできない大事な荷物です。できる限りトラブルを回避するためにも、セキュリティ設備がきちんとしているトランクルームを選ぶことをおすすめします。具体的にセキュリティ面をチェックするポイントは以下の通りです。

・倉庫法の認可を受けているか
・管理人が常駐しているか
・管理人が不在の場合、警備会社などに管理を委託しているか
・屋内型のトランクルームか
・カメラはきちんと作動しているか

 必ずしも全てのポイントを満たしている必要はありません。しかし、大事な荷物や書類を預ける場合などセキュリティを重視する場合は、なるべく上記のポイントを多く満たしているものを選ぶようにしましょう。

自宅からの距離は不便ではないですか?

 普段使わない荷物を入れる場合は取り出す機会もあまりないかもしれません。しかし、アウトドア用品などはシーズンがくれば何度も使う可能性もあります。そのような際に不便を感じないためにも、比較的自宅から行きやすい場所にあるトランクルームを探すことをおすすめします。

 もし距離がある場合には施設専用の駐車場、もしくは近くにコインパーキングのような車が止められるところがあるか確認しておきましょう。くれぐれも、大きな荷物を運ぶのに車を利用して駐車禁止の切符を切られるというような事態にならないように気をつけましょう。

 法人で利用している場合も同様です。特に、仕事で突然必要になった場合にすぐに取り出せないところにあっては、業務に支障が出てしまいます。個人事業主の場合は、自分で取り出しに行くことになりますので、できる限り自宅から行きやすい場所にあるトランクルームを探すようにしましょう。

利便性のある設備になっているでしょうか?

 せっかくトランクルームを借りても不便な部分が目立ってしまっては、利用すること自体が面倒になってしまいます。利便性のチェックはなるべく内覧をして確認をするようにしましょう。内覧時のチェックポイントは以下の通りです。

〈管理人〉
管理人がいる場合、利便性に関してはメリットだけではなくデメリットもあるので、その点もおさえておきましょう
メリット 緊急時の対応が早い、施設内が清潔に保たれる
デメリット 営業時間外に取り出せないもしくは別途料金のかかる可能性

〈台車やエレベーターなどあるか〉
大きな荷物を運ぶ際や、荷物が多い場合に必要となってくるのが台車やエレベーターです。これがあるとないとでは、荷物の出し入れの手間が大きく違ってくるので、施設内で貸し出ししてくれるのかを確認をしましょう。無料で貸し出してくれる場合もあれば、料金がかかる場合もあります。エレベーターは、入れる荷物の大きさとエレベーターの入り口の大きさをチェックしましょう。

〈温度・湿度など空調管理はしっかりしているか〉
利用用途にもよりますが、温度や湿度など空調の設備がしっかりしていることは、荷物を傷めないためにも大切なポイントです。荷物の責任を負ってもらえない場合も多いので、保管している荷物がだめにならないようにも空調管理のきちんとしているところを探しましょう。