【カードローン】多額の借入はどこがオトク? おすすめも紹介

多くの額の借入を希望する場合におすすめしたい“カードローン”を紹介 [拡大する]

多くの額の借入を希望する場合におすすめしたい“カードローン”を紹介

 通常、カードローンの限度額は総量規制により、年収の3分の1までと決まっている。そのため、多くの額の借入を希望しても、年収の3分の1以上の額を借入することはできない。
 
 だが、カードローンのなかでも総量規制を受けない種類がある。それが「銀行系カードローン」だ。では、なぜ銀行系カードローンなのか。今回はそれについて解説する。

■大きな額の場合は「銀行系カードローン」が有利?
 カードローンの限度額を「年収の3分の1」と定めている総量規制は、信販系や消費者金融系の「貸金業」のカードローンが対象となっている。「貸金業」とは、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などの金融形態の一つで、消費者を対象に融資を行う事業のこと。

 一方、銀行や信用金庫は貸金業ではないため、貸金業法ではなく「銀行法」が適用される。そのため、銀行系カードローンは総量規制の対象とはならない。つまり、銀行法には“年収の3分の1まで”といった規制が存在しないのだ。そのため、返済能力に問題がないと判断されれば、年収の3分の1より大きな額を借入することも可能となる。

 また、消費者金融のカードローンなどで数百万円の限度額を設定するのは、十分な収入があってもなかなか難しいが、銀行系カードローンは元々事業融資に強いという性質があるため、ある程度の収入と返済実績があれば、比較的簡単に数百万円の借入ができるのだ。

 大きな額の借入が必要で、返済能力がしっかりしているのであれば、ぜひ “銀行系のカードローン”を検討してみてはいかがだろうか。

>> 【重要ポイント】返済のしやすさで選ばれた「銀行カードローン」1位は…

>> 【カードローン】限度額の目安は? 法律上の規制もわかりやすく紹介

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。