ハーレーダビッドソンが盗難補償付バイクローンの取り扱いを開始、購入障壁を軽減

ハーレーダビッドソン ジャパンは19日から「盗難補償付きバイクローン」を新たに開始(写真はイメージ) [拡大する]

ハーレーダビッドソン ジャパンは19日から「盗難補償付きバイクローン」を新たに開始(写真はイメージ)

 ハーレーダビッドソン ジャパンは8月19日、ハーレーダビッドソン正規販売網で「盗難補償付きバイクローン」の取り扱いを新たに開始した。

 同商品は、ハーレーダビッドソンの正規販売網にてローンを用いてモーターサイクルを購入した顧客全てに盗難に対する補償を付帯する。
 
 補償期間は納車日から1年間、損害額の80%(支払限度額200万円)を補償する商品となっており、モーターサイクル購入時における大きな購入障壁となっている盗難の心配を軽減することで、安心してモーターサイクルを楽しむ環境を提供する。
 
 なお、同バイクローンは提携信販会社であるジャックスが開発・運用する。

(保険毎日新聞)

>> 【ベスト7】総合満足度”No.1”の<バイク保険>は、どこ?

>> 損害額が購入価格を上回る!? ハーレー“限定モデル”の稀少価値とは

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。