結婚相談所のお見合い写真 押さえておきたいポイントは?

結婚相談所のプロフィール作成に必要な写真。好印象を与えるためのポイントとは(画像はイメージ) [拡大する]

結婚相談所のプロフィール作成に必要な写真。好印象を与えるためのポイントとは(画像はイメージ)

 結婚相談所のプロフィールを作成するときに重要なポイントのひとつが、第一印象という大事な役割を担う”お見合い写真“。就職活動や転職用の証明写真とは違い、撮影場所や服装など特に規定がないことが多いので、かえって頭を悩ませる人も少なくないだろう。今回は、できるだけ相手に好印象を与える写真のポイントを紹介しよう。

■写真はできるだけスタジオで撮影を

 スマホのカメラ機能で手軽に自撮りができるようになったが、やはりここ一番のときはプロに撮影を任せたほうが無難。最近は婚活用プランを設けているスタジオや、撮影時のメイクやヘアセットなどをお願いできるところもある。値段は3000〜1万円程度が相場で、ある程度費用はかかるものの肌の色に合わせた光の度合いを調整したり、自分に合う背景色を選んでくれる。第一印象が大切だからこそ、プロの手を借りたいところだ。

■清潔・清楚を意識した服装で

 男性はスーツが一般的。ただし、黒などは暗い印象を与えてしまうことがあるので、ネイビーや濃いグレーなどがおすすめ。中に着るシャツは“清潔感”を与える白が無難だろう。色のほか、サイズ感には注意したい。裾丈や肩幅などが合っていないとだらしのない印象を与えてしまうので、自分に合ったサイズのものを選ぼう。

 女性の場合は、ワンピースやブラウス・スカートなどの服装が人気のようだ。ただし、注意したいのは肌の露出。“清楚”なイメージを好む男性も多いため、襟ぐりが大きくあいたブラウスや丈の短いスカートなどは避けよう。また、極度の若作りは低評価につながりかねない。自分の年齢に合った一着を探そう。

■加工のし過ぎは厳禁。できるだけ“自然体”で

 これからの人生をともに歩むパートナーを探すための結婚相談所。写真はできるだけ自然体の自分を写したい。女性の場合はメイクに力が入りがちだが、できるだけナチュラルなメイクのほうが印象は良いだろう。また、現在は写真の加工・修正サービスなど充実しているが、写真と実物があまりにかけ離れると、実際に会ったとき相手に与える印象が悪くなる可能性もある。本末転倒にならないために、加工や修正はほどほどにしておこう。

 婚活をスムーズに進めるために、写真は重要になってくる。ポイントを押えつつ、結婚相談所にはとっておきの1枚を登録したいものだ。

(文/藤あまね)

>>【世代別ランキング】30代の利用者満足度が高い<結婚相談所>を発表

>>業界も調査済“結婚相談所が舞台のドラマ”プロデューサーを直撃インタビュー

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。