フェイシャルエステの毛穴ケア プロのケア方法&セルフケアとの違いは?

フェイシャルエステの「毛穴ケア」。どんな施術をしてもらえるのだろう(画像はイメージ) [拡大する]

フェイシャルエステの「毛穴ケア」。どんな施術をしてもらえるのだろう(画像はイメージ)

 日に日に気温が上昇し、少し汗ばむような日も多くなってきた。これからの季節、小鼻の黒ずみや毛穴の広がりなど、“毛穴のトラブル”が気になって仕方がないという人もいるだろう。最近はセルフケア用の商品も多く販売されているが、エステサロンでできる毛穴ケアには、どのようなものがあるのだろうか。

■毛穴トラブルは皮脂や汚れが原因

 毛穴のトラブルと聞くと、「毛穴の広がり」や「毛穴の黒ずみ」などを連想する人が多いだろう。毛穴が広がってしまうのは、一般的に皮脂の過剰分泌が原因だといわれている。このほか、年齢とともに肌がたるんだり、肌の水分が不足してキメが乱れたりしても、毛穴は広がってしまうようだ。さらに、皮脂やメイクなどの汚れが毛穴に詰まってしまうと、それが酸化して毛穴の黒ずみの原因になることも。こうしたトラブルを解消させようと、エステサロンでフェイシャルケアをしたいと考える人もいるかもしれない。その場合、どのような施術を受けられるのだろうか。

■エステのケアで代表的なものは4つ

 エステサロンで行うフェイシャルメニューのうち、毛穴ケアには代表的なもので以下の4つの方法が挙げられる。

【1】毛穴吸引

 毛穴に詰まった角栓や汚れを、ガラス管のような機器を使って吸い取る施術。エステサロンで使用しているマシンは、一般的に家庭用より吸引力が高いものが多い。

【2】超音波洗浄

 超音波振動を起こすマシンを用いて、古い角質や過剰な皮脂をかき出し、洗浄する施術。肌への負担も比較的少ないといわれている。

【3】イオン導入

 電気を使い、美容液に含まれる有効成分を肌へ効果的に届けるための施術。有効成分によって、毛穴の引き締めや肌のターンオーバーを整えるなどの効果をサポートする。

【4】光フェイシャル

 機械を使い、肌に特殊な光を照射する施術。毛穴の引き締めなどの効果が期待できる。

 このほかにも専用のパックや手技によるマッサージなど、サロンごとにさまざまなメニューがある。エステサロンを選ぶときは、自分の受けたい施術があるかどうかを確認しておこう。

■プロによる施術やアドバイスはエステサロンならでは

 自宅で行うセルフケアとの大きな違いは、「専用の機械によるアプローチが受けられる」「エステティシャンによるプロの施術やアドバイスが受けられる」の2点だろう。個人では手が出せないようなマシンによる施術も、エステサロンなら受けられる。セルフのフェイシャルケアではアプローチしづらい部位や方法でも、プロならケアできるのだ。さらに、エステティシャンが一人ひとりの悩みや肌に合ったアドバイスをしてくれるので安心感もある。施術後のアフターケアなどについても相談できるので、施術効果を持続させたい人にはうってつけだろう。

 注意点を挙げると、セルフケアなら自分のタイミングでいつでもできるが、エステサロンは基本的に予約が必要で、さらに肌の状態によっては希望の施術を受けられない可能性もあるということ。施術を受ける前に、あらかじめ問い合わせておくといいだろう。また、継続的に通う場合には、サロンの雰囲気やエステティシャンとの相性、金額面も重要なポイントとなってくる。さまざまな評価軸を参考に、自分にあったサロンを選んでみよう。

(校閲/株式会社ぷれす)

>>通えるサロンを選ぶなら ”利用のしやすさ”で選ばれた「フェイシャルエステ」No.1は…

>>完璧保湿ケアから美肌ピーリングも! 肌の悩み別でみる「最新フェイシャル」

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。