人生で「保険」を見直す“3つ”のタイミングとは? 必要か否かをしっかり判断!

人生で保険を見直すタイミングは「出産」「結婚」「住宅ローン」の3つ? [拡大する]

人生で保険を見直すタイミングは「出産」「結婚」「住宅ローン」の3つ?

 「今入っている保険が本当に自分に合っているか不安」「節約のために月々の出費を減らしたい」「結婚や出産をしたので保険を変えるべきか」などと思ったときに、「保険を見直してみよう」と考える人は多いだろう。

 だが、大きなキッカケがない限り、なかなか重い腰が上がらないのも事実。実は、人生で保険を見直すタイミングは、大きく分けると“3つ”ある。3つのタイミングになったときには、ぜひチェックしてみよう。

【1】子どもが生まれたとき
 人生で保険を考えるときの最大のポイントは「子どもが生まれるとき」だ。教育費は、ざっくりいうとオール公立校に進んだとしても、1000万円かかると言われる。一家の稼ぎ手に、万一のことがあれば、お金が足りなくなり、子どもが希望する道に進めなくなってしまうことはできる限り避けたいもの。

 そこで、できれば子どもが生まれる前の妊娠がわかった段階で、金銭的に“子どもが希望する道に進ませることができるか”を確認しておこう。

 もし、貯蓄がたくさんあり、問題なく進ませることができそうなら、保険は不要だろう。また、共働きで、夫に万一のことがあっても、妻が働き続けて家計をカバーし、教育費を出せるのであれば、保険は不要ということもある。実家に帰って家賃をセーブでき、お金を教育費に回せそうなら、その分、保険の必要性は下がる。

 妊娠がわかったら、「稼ぎ手に万一のことがあったときに、子どもを希望の道に進ませることができるか」という視点でチェックしよう。

【2】結婚したとき
 結婚するタイミングで、どちらかの親御さんから「保険に入りなさいよ」などと言われることがあるかもしれない。ただ、専業主婦の家庭が大多数だった時代に比べて、結婚のタイミングで生命保険が必要になるケースは減っている。なぜなら働く女性が増え、共働き家庭が増えているからだ。

 専業主婦の家庭であれば、夫に万一のことがあったときに、妻が働くことができない場合、生命保険は必要になるだろう。だが、共働きの場合、夫に万一のことがあっても、妻がそのまま働き続けて生活ができるのなら、生命保険は不要となる。

 生命保険の加入を検討する際は、「一家の稼ぎ手に万一のことがあったときに、お金の面で困るかどうか」という点をしっかり考えよう。ただし、今後出産を望むのであれば、医療保険を検討しておくのは一案だ。出産の帝王切開の際や切迫流産、切迫早産などで入院が必要になった場合などに、保険が助けになるからだ。

【3】住宅ローンを組んだとき
 住宅を購入した際も保険の見直しのタイミングだ。ただしこの場合は、「保険の保障額を下げる」ということになる。なぜなら、住宅を買って住宅ローンを組む際には、基本的に“団体信用生命保険”に加入することになるからだ。

 団体信用生命保険とは、住宅ローンを返済している人に万一のことがあった際に、住宅ローンの返済が一切不要になるというもの。万一の際には、その時に残っている、時には何千万円に及ぶローン返済が不要になるため、生命保険に入っているのと同じような効果がある。よって、住宅を買い、団体信用生命保険に入ったことで、死亡保障の保障額を下げることができることになるのだ。

 以上、人生において保険の見直しが必要な3つのタイミングについて紹介した。いずれも、万一の際に、実家に帰って生活ができるケースや貯蓄がたくさんあるケースなどは、保険は不要になることもある。「万一のときに、お金で困るか」という視点で考え、貯蓄なども確認しながら、保険を検討するといいだろう。

(ライター:西山美紀)
ファイナンシャルプランナー。1万件以上のマネーデータを分析し、500人以上にマネーの取材経験あり。マネーや女性の生き方などをテーマに取材・執筆・記事監修などを行う。男の子、女の子の2児の母でもある。ブログ:http://ameblo.jp/nishiyamamiki/

>> ■利用者1万1861人が選ぶ! 最も満足度の高い【ネット銀行】は?

>> 「妊娠・子育て時期」の節約術! 無駄遣いはどう抑える?


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。