ウォーターサーバーにかかる費用

  • ウォーターサーバーにかかる費用

 おいしい水が安く飲めるウォーターサーバーですが、ウォーターサーバーを利用するときは水代だけではなく、継続して利用するためのランニングコストがかかるということは注意しておくべきでしょう。費用の項目には一体何があるのか、実際に利用するときには月々いくらの料金になっているのか、ウォーターサーバーにかかる費用についてまとめました。

ウォーターサーバーにかかる費用一覧

 わざわざ買いに行かずとも、おいしい水を飲めることで人気のウォーターサーバー。とても便利な宅配水サービスですが、ウォーターサーバーをレンタルするときのコストは水代だけではありません。以下のように様々な費用がかかっています。

・ボトル代
・電気代
・サーバーメンテナンス費用(サーバーのレンタル料)
・送料

 それでは、それぞれの費用を細かくみていきましょう。

ボトル代

 水の値段です。水の料金は業者によって様々ですが、およそ12リットルで1,500円〜2,000円が相場となっているようです。
 4人家族の平均的な水の消費量は48リットルだと言われています。これはボトル代にすると約6,000円〜8,000円となります。業者によって様々な料金体系となっていますが、これが相場といえそうです。

電気代

 ウォーターサーバーは、冷温水機能を維持するために24時間稼働させる必要がありますから、電気代がかかります。ウォーターサーバーを設置すると平均で1000円前後の電気代がかかるとされています。ただし、電気代が約半分〜3分の1になるような省エネタイプも登場していますし、いつでもお湯を使えるということはガス(電気)でお湯を沸かす必要がなくなることなので、その分の光熱費は節約することができます。

サーバーメンテナンス費用(サーバーのレンタル料)

 レンタルのウォーターサーバーを導入するときは、サーバーの設置費用がかかることがあります。また設置して以降は、メンテナンス費用がかかることがあります。
 「メンテナンス」といっても特別なことをする必要はありませんが、季節によって水の注ぎ口周辺などで結露が発生した場合は、カビや雑菌の繁殖を防ぐため、こまめにふき取っておく程度の気づかいは欲しいところです。

送料

 ウォーターサーバーは定期的に水を宅配してくれて、わざわざ水を購入する必要がないことが便利です。この宅配料金は基本的に無料ですが、業者や一部地域によっては有料とする場合があるので注意しましょう。

ウォーターサーバーを導入するときに注意したいこと

 以上がウォーターサーバーを導入したときのそれぞれの費用となります。
業者によっては「サーバーのレンタル料・送料無料」を謳っていることもありますが、実際に1ヶ月当たりのランニングコストをシミュレーションしてみると、レンタル料があるサービスの方が安かったりすることもあります。また、サーバー機器によっては省電力のものもあれば、反対に電気を食うものもあるので、電気代は見逃せない項目です。

 レンタルウォーターサーバー業者を比較するときは、単に水の値段を比べるのではなく、実際のランニングコストを考慮し、「いったい総額でいくらかかるのか」をベースに選ぶことがポイントになるでしょう。