水の種類〜RO膜水とは〜

  • 水の種類〜RO膜水とは〜

 日本で販売されているウォーターサーバーの水の種類は様々ですが、人工的に添加されているか否かによって「RO膜水」と「天然水」に分けることができます。今回はRO膜水の特徴やメリット、天然水との違いなどを紹介します。

RO膜水とは

 ウォーターサーバーやミネラルウォーターで利用されている水は、「RO水」と「天然水」の2つに分けることができます。RO膜水とは、原水を「RO膜(逆浸透膜)でろ過することにより、不純物や雑菌などを取り除いた水です。ただしろ過の際にミネラル分までカットされてしまうため、後から人工的にミネラルを添加します。

RO膜とは

 RO膜(Reverse Osmosis Membrane)とは、ろ過膜のひとつです。水の分子は通しますが、一般の浄水器では除去できない鉛やヒ素をはじめとする不純物のほとんどを除去してしまうため、純水に近い状態にしてしまう能力を持ちます。そのため、RO膜水は「ピュアウォーター」「逆浸透膜水」などとも呼ばれます。

 ちなみに、RO膜水は水道水の品質があまりよくないアメリカで開発されました。アメリカでは実に7割以上の一般家庭がRO膜を取り入れているそうです。

RO膜水のメリット

 フィルターによってウィルスや雑菌、ダイオキシンやトリハロメタンなど様々な有害物質を取り除いているため、安全性や衛生面は非常に良好だといえます。ただし、体によいミネラルや殺菌成分まで除去してしまいます。そのため、ミネラルウォーターとして販売されるときは、純粋な水にミネラル分を加えています。

 また、RO膜水は不純物を取り除いた限りなく純水に近い水のため、無味無臭で癖のない飲み口です。素材の味を引き出しやすく、食品に含まれる栄養素を損なうことも少なく、料理にも向いている水だといえるでしょう。

 さらに、水道水から採水してフィルターでろ過すればRO膜水が簡単に作れるというメリットもあります。そのため、ウォーターサーバーの多くの業者がRO水を採用しています。天然水よりもリーズナブルな料金で水を提供できることもメリットです。

天然水との違い

 天然水(ナチュラルウォーターまたはミネラルウォーター)は、地下水を源泉とし、人間の手を加えられていない水のこと。ミネラルを豊富に含んでおり、健康を意識する人に支持されています。RO膜水との違いを書き出すと以下のことがいえるでしょう。

原水
 RO膜水が雑菌・不純物・ミネラルなど様々な成分が含まれた水でも原水として純度の高い飲料水がつくれるのに対して、天然水は採水地にこだわったきれいな水を使用している。

処理方法
 RO膜水はRO膜(逆浸透膜水)によってろ過する。天然水も雑菌を除去するがマイクロフィルターを使った必要最小限の処理で原水の良さを大切にする。

成分の調整
 RO膜水は逆浸透膜によって不純物とともにミネラルが除去されているため、ミネラルを人工的に添加する(そのままの状態で販売されていることもある)。天然水は天然のミネラルがそのまま含まれている。

料金の違い
 RO膜水は水道水から作れるためリーズナブル。天然水は地下水を採水するコストがかかるため、比較すると少々値段が高くなる。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。