徹底比較!ネット銀行開設キャンペーン

  • ネット銀行開設キャンペーン

 ネット銀行の開設を検討していて、「どの銀行がいいのか、たくさんあって選べない!」という方はきっと多いことでしょう。どの銀行もそれぞれよいところがあり、そうカンタンには決められないものです。
 ここでは、ユーザーの間で人気のある代表的なネット銀行10社をご紹介させていただきます。是非とも銀行選びの参考にしてください。

住信SBIネット銀行

 ユーザーから厚い信頼を誇っているのが住信SBIネット銀行です。三井住友信託銀行とSBIホールディングスの共同出資で運営されています。SBIグループのSBI証券と連携しており、ウェブサイト上で預金残高と証券口座残高を一括確認することができます。従来は資産運用を前提とした銀行でしたが、現在では携帯電話会社や保険などの引き落とし口座として利用することが可能です。
 金利のよさと手数料の安さに定評があり、同行口座間の手数料は完全無料、他行口座宛は月3回まで無料です。入出金は提携ATMなら一切無料、非提携ATMなら月5回まで無料です。webサイトの操作性、視認性もよく口座開設も容易に行えますので、ネット銀行初心者の方にも自信を持っておすすめできる銀行です。
 現在住信SBIネット銀行では口座開設時に10万円以上の円定期預金を行うと、もれなく1000円が贈呈されるキャンペーン中です。

セブン銀行

 セブン銀行は、セブン&アイホールディングスが運営するネット銀行です。全国のセブン-イレブンを中心にATMが設置されており、24時間365日いつでも利用することができます。広く認知されており、信用性も非常に高いです。口座は本人確認書類や口座開設申込書なしでもインターネット上で開設することができます。
 新規口座開設でnanacoポイントが贈呈されるお得なキャンペーンも実施されていますので、是非一度ウェブサイトをご覧になってみてください。

ソニー銀行

 ソニー銀行はSONY、三井住友銀行の共同出資によるネット銀行です。店舗は本店以外に一切持たず、入出金は提携ATMで行います。外貨預金の為替手数料が安く、取り扱っている通貨の種類が豊富です。ウェブサイトの管理ページにポストペットを起用しているのも人気の理由です。

じぶん銀行

 じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJ銀行が共同出資しているネット銀行です。店舗は存在せず、全国の主要なコンビニATM、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行で入出金が可能です。特にauの携帯電話を所有している方には大変メリットがあります。入出金の動きがあればEメールで知らせてくれるのもじぶん銀行の人気の秘密です。現在じぶん銀行では新規口座開設者を対象に、3ヶ月間金利を0.4パーセント上乗せするキャンペーンを行っています。

新生銀行

 新生銀行はインターネットバンキングサービスも行っている普通銀行です。手数料が安く、海外の銀行ATMでも引き出し可能なので非常に人気があります。現在新生銀行は、口座開設のうえ30万以上預入金すると500円からのキャッシュプレゼントキャンペーンを行っております。

ゆうちょ銀行

 いわずと知れたゆうちょ銀行も、「ゆうちょダイレクト」という名称でネットバンキングサービスを行っています。ネームバリューに安心感を覚えて登録するユーザーも多く、セキュリティ・システムの安定性には定評があります。すでにゆうちょ銀行の口座を所有していれば、ゆうちょダイレクトの登録を無料で行うことができます。これまでゆうちょ銀行口座で生活費などのやりくりをしていた方は、ネットでの残高照会が容易になりますので家計簿をつける負担が大幅に軽減されるでしょう。

イオン銀行

 イオン銀行は、イオングループが運営するネットバンキングです。全国のイオン系列の店舗にATMが設置されているほか、イオンショッピングモールなど大型店舗には一般の銀行と同様、有人の窓口を設置しています。また口座開設時に発行されるイオンバンクカードを系列店舗で使用すると、代金が割引されたり、ポイントが多くつくなどお得に買い物をすることができます。

スルガ銀行

 スルガ銀行は、静岡県・神奈川県、他都市圏を中心に店舗を構える地方銀行で、ネットバンキングでは全国展開しています。スルガ銀行のインターネット口座を所有していると、預け入れ金額に応じたジャンボ宝くじ進呈、ANAのマイル貯蓄、預金残高の範囲で買い物ができるVISAデビッドなど、各支店によって独自のサービスを利用することができます。実店舗展開している地域以外の方でも利用可能なので、ユニークなサービスに興味がある方は是非ご覧になってみてください。

ジャパンネット銀行

 ジャパンネット銀行は、三井住友銀行が運営するネット銀行です。インターネットオークションやショッピングなど個人間における少額取引や、証券会社FXなどの決済に特化した銀行です。トークンと呼ばれる独自の機械を用いたワンタイムパスワードシステムを導入しており、セキュリティには定評があります。

三菱東京UFJ銀行

 三菱東京UFJ銀行も、三菱東京UFJダイレクトと呼ばれるネットバンキングサービスを提供しています。三菱東京UFJダイレクトもまた認証システムにワンタイムパスワードを導入しており、セキュリティの質で高い評価を得ています。すでに三菱東京UFJの口座をお持ちで、ネット銀行に興味がある方は導入の第一歩として三菱東京UFJダイレクトに登録してみるのも悪くないかもしれません。

10社を比較してみて

 気になるネット銀行は見つかったでしょうか。ここでは主要ネット銀行10行をご紹介しました。各社セキュリティやデザイン、付帯サービスや金利・手数料などいずれかに特化しており、上位の銀行が誰にとってもベストだとは一概に言えません。外貨預金がしたいのか、資産運用がしたいのか、ネットショッピングに利用したいのか、それとも単純に公共料金の引き落とし先として利用したいのか、目的を明確にしたうえで今一度気になるネット銀行のウェブサイトをじっくり眺めてみましょう。きっと自分にピッタリ合う銀行に出会えることでしょう。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。