ネット銀行だからできるオンラインの家計簿習慣

  • ネット銀行だからできるオンラインの家計簿習慣

 銀行口座やクレジットカード・電子マネー・ポイント・証券など、家計にまつわる「お金」は多様化しています。便利なものが増えた一方、管理が複雑化してしまっているのも事実です。出入金や固定費の管理など、正確かつ効率的に行うためにネット銀行を活用してみてください。
 連動式のオンライン家計簿など、さまざまなサービスも登場しています。

ネット銀行からの情報取得で家計管理の手間を抑える

 現代は公共料金やクレジットカード・オンラインショッピングなど、月々の支払いや出費の大部分が口座振替で利用できます。電子ポイントや電子マネーも普及して、現金の出番は大幅に減少しました。
 これに伴い利用明細の送付なども減り、家計簿の管理がしにくくなったと感じている人も多いのではないでしょうか。引き落とされた金額と振替先を通帳で確認し、家計簿に記帳するやり方でも管理はできますが、支払いが楽になった分、管理の負担が増えるのでは意味がありません。また丁寧に確認しているつもりでも、預金通帳からの書き写しは記帳漏れのリスクも伴います。
 一方ネット銀行であれば、口座の出入金明細をインターネットで手軽に確認することができ、またオンライン家計簿など外部サービスとの連携も可能です。この方法では指定した銀行口座から直接情報を取得するため、家計管理の手間を格段に抑えることができます。

ネット銀行で月々の支払方法も整理・効率化する

 オンライン家計簿との連動や出入金明細の確認などの利便性を重視して、ネット銀行をメインバンクとして活用する人が増えています。しかしここで気をつけたいのが、ネット銀行の対応範囲です。
 多くのシーンで活用できるようになったネット銀行ですが、2014年7月現在、一部銀行を除いて公共料金の口座振替には対応していません。ネット銀行のメインバンク化を踏み切れない要因の一つとしても挙げられるこの課題。口座振替ができないからと言って、都度現金を引き出して支払うというのでは効率が悪く、手間もかかります。
 そこで便利なのがクレジットカードを経由する支払方法です。ネット銀行の口座振替に対応していない公共料金の支払いを、クレジットカードにまとめることで振替先を整理し、課題もクリアにすることができます。月々の支払や口座振替の項目も整理できるため家計の管理も効率的です。

家計簿習慣を身につけて節約&貯蓄を成功させる

 毎月多くの支払いを自動の口座振替で済ませていると、うっかり見逃して余計な出費を続けてしまうということもあるでしょう。ネット銀行での家計管理を習慣化すれば、「無意識の浪費」を見つけ出して対応することができるはずです。
 例えば契約時にたくさんのオプションサービスを付けて初期費用を抑える通信料。初めのサービス期間が終わっても、使わないオプション料金を払い続けているというご家庭は多いのではないでしょうか。その大きな要因と考えられるのが、自動振替のために月々の支払額を認識していないことです。
 お財布の中の現金だけでなく、口座の出入金明細もきちんと連動した家計簿を習慣づけることで、こうした「無意識の浪費」を見つけ出して節約と貯蓄に変えることができます。
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。