トヨタ、「安全運転支援システム」の公道走行実験を実施


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

トヨタが行う「インフラ協調による安全運転支援システム」イメージ [拡大する]

トヨタが行う「インフラ協調による安全運転支援システム」イメージ

 トヨタ自動車は22日、交通事故低減を目指す「安全運転支援システム」の公道走行実験を、3月より愛知県豊田市で実施すると発表した。豊田市内の交通事故多発交差点4ヶ所に路側無線装置を設置し、車両に搭載したセンサーでは検出困難だった右折車の死角に入った対向直進車や横断中の歩行者の存在情報を通知。車両側に搭載された実験用の車載システムで受信し、音やディスプレイでドライバーに情報提供する。

 トヨタの高度道路交通システム(ITS)を使ってドライバーに知らせる安全運転支援システムの開発を行っているが、今回は警察庁が推進し、社団法人 新交通管理システム協会の実証実験に参画する形で実施。トヨタ社員の通勤車両等40台を使い、5月まで3ヶ月間行う。また、今年後半には対象者を一般市民に拡大して実験する予定。

 今回の実験は従来の光ビーコンを通じて所定のポイントで情報提供されるシステムを進化させたもので、ITS周波数として総務省から昨年12月に割り当てられた700MHzの電波を利用する。

 同社は今回の公道実験を通じ、さまざまな運転状況でのドライバーの運転行動データを収集、分析することで「インフラ協調システムによる事故低減効果を予測し、当該システムの開発に活かしていきたい」としている。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。