自動車保険の仕組みに関する特集

車両保険は中古車でも必要?保険料を抑える方法を解説

車両保険は中古車でも必要?保険料を抑える方法を解説

車両保険は、新車・中古車を問わずつけることができます。中古車に車両保険をつけるときの注意点や中古車の車両保険料を抑える方法などについて解説しています。

人身傷害保険とは?補償内容と搭乗者傷害保険との違いを解説

人身傷害保険とは?補償内容と搭乗者傷害保険との違いを解説

人身傷害保険は自動車保険のひとつで、自分や同乗者が死傷した際の実損額を補償します。補償対象や範囲、搭乗者傷害保険との違いのほか、保険料の抑え方などを解説します。

ファミリーバイク特約とは?補償内容やバイク保険との違いを解説

ファミリーバイク特約とは?補償内容やバイク保険との違いを解説

ファミリーバイク特約は、自動車保険に付帯できる特約のひとつです。ファミリーバイク特約の補償対象や、一般的なバイク保険との違いなどについて解説します。

自動車保険は本人限定にするとお得?仕組みや注意点を解説

自動車保険は本人限定にするとお得?仕組みや注意点を解説

自動車保険の本人限定とは、補償対象を記名被保険者のみに限定することで保険料を割引できる仕組みです。本人限定の仕組みやメリット・デメリットを解説します。

自動車保険を家族限定にするとお得?補償の範囲や仕組みを解説

自動車保険を家族限定にするとお得?補償の範囲や仕組みを解説

自動車保険の家族限定とは、補償対象を記名被保険者とその家族に限定することで保険料を割引できる仕組みです。補償対象になる家族の範囲や注意点などを解説します。

自動車保険と走行距離の関係とは?保険料を安く抑えるポイントも解説

自動車保険と走行距離の関係とは?保険料を安く抑えるポイントも解説

自動車保険の保険料は、走行距離が少なければ事故リスクが低いと想定され、安くなる場合があります。走行距離の算出方法や、保険料を安く抑えるポイントを解説します。

料率クラスとは?自動車保険の保険料との関係や決め方を解説

料率クラスとは?自動車保険の保険料との関係や決め方を解説

料率クラスとは車両を型式ごとにクラス分けし、事故や盗難のリスクなどを表したものです。料率クラスの決め方や自動車保険の保険料との関係性について解説します。

無保険車傷害保険とは?無保険車との事故のリスクと補償の範囲を解説

無保険車傷害保険とは?無保険車との事故のリスクと補償の範囲を

無保険車傷害保険は、事故の相手が無保険の場合に損害を補償する保険です。無保険車傷害保険の概要や注意点のほか、無保険車との事故のリスクなどについて解説します。

自賠責保険とは?任意保険との違い・保険料・加入期間などを簡単に解説

自賠責保険とは?任意保険との違い・保険料・加入期間などを解説

自動車保険には、加入が義務付けられる「自賠責保険(強制保険)」と「任意保険」の2種類があります。今回は、自賠責保険の基本や任意保険との違いについて解説します。

1日から加入できる! 自動車保険における短期契約の方法と特徴

1日から加入できる! 自動車保険における短期契約の方法と特徴

家族や友人の車を運転しようとしたところ、自動車保険の被保険者の対象外になっていたため、保険が使えず困った経験がある方もいるのではないでしょうか。そんな時におすすめなのが「短期の自動車保険」です。  このサービスは、文字通り「短期間」車を運転したい場合に加入できる保険です。パソコンやスマートフォンで申し込み、コンビニで支払うといった簡単な手続きで利用できます。 本記事では、自動車保険を短期で利用する方法からケース別の上手な活用方法、「1日自動車保険」と「ドライバー保険」のメリット・デメリットまで詳しく解

安い自動車保険の選び方 保険料を安くする方法も解説!

安い自動車保険の選び方 保険料を安くする方法も解説!

自動車保険は掛け捨てが原則ですから「必要最低限の補償さえあれば、安いほどいい」と考える人は多いと思います。この記事では、保険料が安い自動車保険の選び方と、保険料を安くするポイントをご紹介しています。自分に合った方法を選び、ぜひ実践してみてください。

【比較表あり】ドライバー保険とは? 1日自動車保険との違いやデメリットも

【比較表あり】ドライバー保険とは? 1日自動車保険との違いやデメリットも

「免許は持っているけれども、車は所有していない」。そのような人も久しぶりに実家に帰省する時などに、実家や地元の友人の車を運転する機会もあるでしょう。ところが、その車の自動車保険契約における運転者の範囲の設定によっては、万が一事故に遭ってしまった時に保険が下りない、もしくは下りたとしても等級がダウンしてしまうことがあります。そんな時に加入していると安心な自動車保険が、「ドライバー保険」です。

車両保険金額とは? 保険料をおさえるコツも紹介

車両保険金額とは? 保険料をおさえるコツも紹介

任意自動車保険を契約する際、車両保険を付けるか付けないかは大きな悩みどころです。車両保険を付帯しなければ当然保険料は安く抑えることができますが、自動車の補償がないというのも不安だという人も多いでしょう。車両保険について知り、自分にとって必要か不要かの判断ができるようにしましょう。

「飛び石」で修理が必要になったときに自動車保険は使えるの?

「飛び石」で修理が必要になったときに自動車保険は使えるの?

特別危険な運転をしていなくても、思わぬところで事故に遭ってしまうことがあります。相手に過失がある事故の場合は、相手の対物賠償保険などを利用して車両を修理することができますし、自分に過失がある場合は、自分の自動車保険を利用することになるでしょう。それでは、誰の過失ともいいにくい「飛び石」による被害が出た場合は、いったいどうすればいいのでしょうか?

自動車保険の「免責」とは 正しく理解して保険料をお得に

自動車保険の「免責」とは 正しく理解して保険料をお得に

自動車保険で「免責」という言葉を聞いたことはあるだろうか。事故発生時、免責がドライバーにどのような影響があるのか事前に確認しておこう。

自動車保険の「年齢条件」とは 間違えやすいポイントを解説

自動車保険の「年齢条件」とは 間違えやすいポイントを解説

自動車保険の年齢条件を設定すると、保険料が安くなるケースが多くある。基本的には、年齢条件が高くなればなるほど割引率が高くなるので、年齢条件を設定していることが多いはずです。しかし、設定方法を間違えていることも少なくありません。無駄な保険料を支払わないために、年齢条件のしくみをチェックしよう。

同乗したペットのケガも補償する自動車保険“特約”とは

同乗したペットのケガも補償する自動車保険“特約”とは

年末年始の帰省や旅行に連れて行くため、ペットを自動車に同乗させるという人も多くなるだろう。もしも、交通事故などで同乗のペットがケガをしたら、治療の補償はどうなるのだろうか。実は自動車保険において、ペットへの補償を取り扱う保険会社はまだ数えるほどだが、今ある自動車保険に特約として付帯できれば検討の余地もあるだろう。

自賠責保険と任意保険の違いと必要性

自賠責保険と任意保険の違いと必要性

自動車保険には、強制加入の自賠責保険と任意加入の自動車保険がある。片方だけ加入していればよいのか、両方に入らなければならないのか。今回は、それぞれの違いと必要性について、事故が起きたときを例に挙げながら紹介する。

任意保険とは 補償内容や自賠責保険との違い

任意保険とは 補償内容や自賠責保険との違い

自動車を所有すると、強制的に自賠責保険に加入することになる。これは万一交通事故を起こしたときに被害者に対して必ず保険金が支払われるようにするためだ。ならば任意保険はなぜ必要なのだろうか。任意保険の必要性や補償内容、自賠責保険との違い、保険の種類、選ぶときの注意点などを探ってみよう。

自動車保険の「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」はどう違う?

自動車保険の「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」はどう違う?

自動車保険に加入する際、補償内容が似ているので悩む人の多い人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険。一体どう違うのだろうか。

車を手放すとき 等級を無駄にしない自動車保険の「中断証明書」

車を手放すとき 等級を無駄にしない自動車保険の「中断証明書」

自動車保険は等級制度があり、保険を使わずに更新すれば割引率が1年ごとに大きくなる。車を手放すとき、再び保険加入の可能性があるなら、中断証明書を発行しておこう。

車を買い替えたときの自動車保険 手続きと注意点

車を買い替えたときの自動車保険 手続きと注意点

自動車保険は、原則として契約車両を運転していた時の事故の損害を補償する。自動車保険の保険期間中に新しい車に買い替えたり、車を譲り受けたりして車両を変更する場合、これまで加入していた自動車保険の補償の対象になるのだろうか。車を買い替えたときに必要となる自動車保険の手続きについて詳しく解説していく。

自動車保険の「使用目的」 ケース別でみる選び方

自動車保険の「使用目的」 ケース別でみる選び方

自動車保険に加入する際は、車をどういった用途(使用目的)で利用するのかを申告する必要がある。これは、用途によって保険料の金額が異なるためだ。多くの保険会社では、「レジャー」「通勤・通学」「業務」の3つのカテゴリーから用途を選択し、自動車保険に加入することになる。

「車両保険」には入るべき?

「車両保険」には入るべき?

車両保険は、被害者を想定した自賠責保険や一般的な任意保険とは異なり、自分の車に対して補償をかける保険です。車両保険に入っておけば安心ではあるものの、その分、保険料が高くなりますので悩む人も多いはず。ここでは、車両保険に関する基本事項を紹介しながら、どのような場合に入るべきかを解説します。

他人名義の車でも自動車保険は加入できるの?

他人名義の車でも自動車保険は加入できるの?

運転免許証は持っているけれども車は持っていないような場合でも、買い出しや旅行などで車が必要なときがあるのではないでしょうか。周りに車を持っている人がいれば、その人から借りることもできます。ただ、車の使用者と所有者が違う場合、どのような補償の自動車保険に加入すればいいのでしょうか。また、保険が必要な場合加入はできるのでしょうか。ここでは、他人名義の車を運転する場合に自動車保険に加入ができるかどうかと、保険の名義変更についても併せて解説していきます。

自転車走行中や歩行中にでも使える自動車保険の活用方法

自転車走行中や歩行中にでも使える自動車保険の活用方法

自動車を運転している人にとっては、時には予測不能な乗り方をしている自転車との接触事故が心配です。一方、自転車に乗ることを覚えたお子様がいる方にとって、自動車との事故はもちろん心配ですが、歩行者などにケガを負わせてしまい加害者になることも考えられます。自動車保険でどこまで補償されるのか、どのような自動車保険に加入すれば補償されるのか、事前に知っておくことで保険をより上手に活用することができます。

14年ぶりに自動車保険の参考純率が値下げ!その割合と影響は

14年ぶりに自動車保険の参考純率が値下げ!その割合と影響は

万が一の自動車事故の補償として、ドライバーは入っておかなければならない自動車保険。この毎年かかる費用をどうにか安く抑えたいと思っている方は多いのではないでしょうか。2017年5月、損害保険料率算出機構が参考純率の8%の引き下げと保険料率の見直しを金融庁に届け出て承認されました。これにより今後、自動車の自賠責保険や任意保険が順次値下がりする見込みです。任意の自動車保険料の推移や、今回の値下げの理由について解説していきましょう。

自動車保険選びの「決め手」になるのは価格か補償内容か?

自動車保険選びの「決め手」になるのは価格か補償内容か?

車を運転する人にとって、自動車保険(任意保険)の選び方は関心の高いテーマです。といって、「保険会社はどこがいい?」という問いに「ここが一番!」と答えることはできません。それは自動車保険に使える予算や、保険に求める補償内容・サポートなどのニーズが、加入者によって異なるからです。では、検討すべきポイントはどこにあるのでしょうか?

軽自動車の自動車保険、安くなるのは車両保険だけじゃない!?

軽自動車の自動車保険、安くなるのは車両保険だけじゃない!?

普通自動車に比べて、軽自動車は自動車税や自動車重量税など優遇されています。それは自動車保険(任意保険)でも同じで、特に車両保険でも普通自動車と大きな違いが出るほか、軽自動車ならではの保険料割引も用意されています。ここでは、軽自動車の自動車保険は普通自動車と比べてどこが違うのか、どんな点に気を付ければさらに安くできるのかをご紹介します。

自動車保険の搭乗者傷害保険はなぜ必要なのか

自動車保険の搭乗者傷害保険はなぜ必要なのか

自動車保険では、事故の相手に対しては「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」で補償されます。一方、自分や同乗者がケガや死亡した場合に補償されるのが「人身傷害保険」や「搭乗者傷害保険」です。名称が少しまぎらわしいかもしれませんが、どちらの保険も自分も同乗者も同じように補償の対象となります。

万が一に備えるための自動車保険の個人賠償責任特約について

万が一に備えるための自動車保険の個人賠償責任特約について

自動車保険の特約である「個人賠償責任特約」に注目が集まっています。この特約は、日常生活において起こしてしまった事故の賠償責任を広範囲でカバーしてくれます。ここからは、自動車保険の個人賠償責任特約について紹介していきます。

自動車保険加入前に抑えておきたい、新車割引とは

自動車保険加入前に抑えておきたい、新車割引とは

自動車保険に加入する際、あなたはどのようなことに注意しているでしょうか。最後の検討段階になったとき、最も気になるのは保険料ではないでしょうか。少しでも安く済ませることができれば財布は楽になります。一方、万が一の補償に関しては少し不安感が残るため、何とも言い難い気持ちになってしまうこともあるかもしれません。ここでは、補償内容はそのままで使える新車割引について解説していきます。

自動車保険の長期契約ってお得?知っておきたいその内容とは

自動車保険の長期契約ってお得?知っておきたいその内容とは

最近の自動車保険では、保険期間を1年間とする1年契約が主流ですが、実は保険会社によっては、保険期間が3年間などの長期契約も存在します。自動車保険の長期契約とは、どのような仕組みになっているのでしょう。1年契約と比較してどのような違いがあり、また、実際のところどちらがお得なのでしょうか。その疑問を少しでも解消できるよう、メリット・デメリットを含め、注意したい点や知っておきたいことなどをわかりやすく解説していきます。

自動車保険の代車特約は本当に必要か?徹底検証!

自動車保険の代車特約は本当に必要か?徹底検証!

任意の自動車保険に加入するとき、代車特約をつけたらよいのか悩んだ経験はありますか?できるだけ保険料を安く抑えたいものの、万が一のときのことを考えたら必要かもしれないと頭を悩ませる方も少なくありません。今回は、そもそも代車特約とは何なのか、補償内容やどんなときに使えるのか、徹底検証していきます。代車特約を使用したいときの交渉方法についても紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自動車保険の解約返戻金ってあるの?

自動車保険の解約返戻金ってあるの?

何らかの理由で、自動車保険を解約する必要に迫られることがあります。その場合に、解約返戻金は発生するのでしょうか。また、解約返戻金は、どのように計算されるのでしょうか。ここでは、自動車保険の解約返戻金やその仕組み、解約手続きの流れなど、後で損をしないために解約時に是非知っておきたいことなどの豆知識をご紹介します。

短期間だけ運転するときに、入りやすい自動車保険は?

短期間だけ運転するときに、入りやすい自動車保険は?

自動車保険は、基本的に年単位で加入する保険です。しかし、1年以内に長期の海外出張が決まっている場合や、車を手放すことを検討している場合や、友人の車を短期間だけ借用したい場合など、短期間だけ自動保険を利用したい場合もあるでしょう。短期間、一時的に運転するとき適した保険について、どんな保険や方法があるか、その場合の手続き方法や、お得な加入の仕方などについてご紹介します。

ペーパーレス化された自動車保険の保険証券、どこに保管してる?

ペーパーレス化された自動車保険の保険証券、どこに保管してる?

自動車保険は対面式で担当者を通じて加入する代理店型と電話やインターネットを利用して加入する通販型があります。どちらも自動車保険に加入すると保険証券が発行されますが、この保険証券はどこに保管しようか迷ったことはありませんか? 今回は自動車保険の保険証券について解説していきます。

「当て逃げ」されたとき、補償してくれる自動車保険は?

「当て逃げ」されたとき、補償してくれる自動車保険は?

どれほど安全運転をしていても、交通事故に巻き込まれてしまうことがあります。自動車同士が接触した物損事故の場合、ぶつけたまま加害者が逃げてしまう「当て逃げ」に遭遇するケースもあるのです。当て逃げに対して、自動車保険ではどんな補償があるのでしょうか。今の保険で補償されるのか、当て逃げに備える保険の入り方などについてもご紹介します。

サラッと解決!年末調整前に知っておきたい自動車保険の保険料控除について

サラッと解決!年末調整前に知っておきたい自動車保険の保険料控除について

会社員なら、毎年年末が近づくと会社で年末調整を行います。所得税や住民税の控除対象になる保険を申告しますが、ふと「自動車保険料は対象になるのだろうか」と疑問に思ったことはありませんか。ここでは、自動車保険が年末調整の控除対象になるのかどうかについて解説します。年末調整の対象となるケースやそうでないケースを押さえて、疑問をすっきり解消しましょう。

経理担当の悩みの種? 自動車保険の勘定科目を解説

経理担当の悩みの種? 自動車保険の勘定科目を解説

個人事業主や企業の経理担当者は、「この費用はどの勘定科目に仕訳ければよいのだろうか」と悩むときがあるのではないでしょうか。とくに自動車保険料など、年に何回も計上するわけではない費目については、余計に戸惑ってしまいます。ここでは、自動車保険をどの勘定科目に仕訳ければよいか解説していきます。あわせて、車を維持するためにかかる費用の勘定科目についてもご紹介します。

「自動ブレーキ」搭載車は保険料が安くなる?

「自動ブレーキ」搭載車は保険料が安くなる?

自動ブレーキの技術は、車の事故を減らすために大いに役立つと期待されているため、自動車保険の分野でも事故を減らす自動ブレーキを搭載した車への関心が高まっています。そのような背景を受けて、2018年1月1日以降に自動ブレーキを搭載している車に対して、保険料を割引きするという制度が導入されることになりました。そこで、割引きの概要や、対象となる車についてご説明します。

自動車保険の日割りについて知っておこう!

自動車保険の日割りについて知っておこう!

自動車保険に加入する場合、保険契約の開始は必ずしも1日や15日など区切りの良い日ではありません。月半ばで自動車保険に加入する場合の保険料はどのような扱いになるのか、わからないところもあるのではないでしょうか。ここで、自動車保険に日割り計算はあるのか、日割り計算で加入できる自動車保険はあるのか、一つひとつ確認していきましょう。

自動車保険は加入当日から補償を始めることはできるのか?

自動車保険は加入当日から補償を始めることはできるのか?

自動車保険は代理店やインターネットで申込手続きを行うことにより、始期日から補償が始まる仕組みになっています。しかし、任意保険に入っていない車を急に運転する機会が訪れた場合はどうすればよいのでしょうか。そこでここでは、自動車保険の補償が始まるまでの流れや即日加入が可能なのかについて解説をしていきます。

自動車保険は年末調整で控除を受けられるのか?

自動車保険は年末調整で控除を受けられるのか?

サラリーマンと呼ばれる給与所得者は、年末になると勤務先が年末調整を行います。自動車保険は年末調整の対象となるのでしょうか?今回は年末調整の仕組みをはじめ、年末調整の控除対象となる保険について解説します。

自動車保険の加入率の現実

自動車保険の加入率の現実

自動車を運転する際の、万一の事故の補償になってくれるはずの自動車保険。しかし、事故の加害者が任意保険に加入していなかった場合には、被害者が十分な補償を受けられないというケースもあります。ここでは、そんな任意保険の加入率と加入の必要性について解説していきます。

自動車保険はクレジットカード払いがお得なのか?

自動車保険はクレジットカード払いがお得なのか?

自動車保険の保険料をクレジットカード払いにした場合にのみ受け取れるメリットがあることをご存じでしょうか。現在では「クレジットカード払い可」の保険商品のラインナップも豊富にあり、クレジットカード払いを選ぶ人も増えてきました。ここでは、自動車保険の支払い方法、ならびに保険料をクレジットカード払いにした場合のメリットや注意点についてご説明します。

初めて車を購入する方必見!!知っておきたい自動車保険のABC

初めて車を購入する方必見!!知っておきたい自動車保険のABC

免許を取得して、いざマイカーを購入!そんなときに忘れてはならないのが自動車保険です。自動車保険はさまざまな保険会社で販売されていますので、初めて加入するときは、どの会社を選んだらいいのかよくわかりません。自動車保険の補償内容を選ぶにも決めなくてはならないことがたくさんあります。そこで、初めて自動車保険に加入する人のために、ぜひ知っておきたい自動車保険の基礎知識をまとめました。

自動車保険の住所変更は忘れずに

自動車保険の住所変更は忘れずに

自動車保険に加入する際には、契約者の現住所を登録する必要があります。また、自動車保険に加入したあとに契約者が引っ越した場合は、保険会社には住所変更の通知を忘れずに行いましょう。ここでは住所変更の必要性についてご説明します。

これは補償対象になる?対物賠償保険の基礎知識

これは補償対象になる?対物賠償保険の基礎知識

自動車保険の対物賠償保険とは、事故で「他人の財産(車や家など)」を傷付けてしまった場合の賠償に備える保険です。物損事故には自賠責保険が適用されないため、任意保険の中でも重要性の高い保険となっています。対物賠償保険は、補償対象や適用範囲などに関する誤解も多いため、対物賠償保険の必要性や補償範囲などについてまとめておきます。

年齢で変わる自動車保険のお得な契約方法とは?

年齢で変わる自動車保険のお得な契約方法とは?

自動車保険の保険料は、契約する車種や補償範囲、補償額などから総合的に判断されます。その条件のひとつに、運転者の「年齢」があります。19歳や20歳といった若年層のドライバーは、事故の件数が高い傾向にあり、その分保険料も高くなっています。ここでは、おおまかな適用範囲や、若年層のドライバーが保険料を安く抑える方法などについてご紹介します。

1dayでもOK!コンビニでも簡単に加入できる1日自動車保険とは?

1dayでもOK!コンビニでも簡単に加入できる1日自動車保険とは?

「マイカーは持っていないが、運転免許証は持っている」という人が友人の車を借りてドライブに行くときなど、「必要な期間だけ補償してくれる自動車保険があれば」というニーズに応えてくれるのが、1日利用からの短期契約に応じてくれる1日自動車保険です。ここでは、1日自動車保険のメリットや賢い利用法などについてご紹介します。

ノートラブルで自動車保険の代理店変更ができるテクニック

ノートラブルで自動車保険の代理店変更ができるテクニック

自動車保険の代理店は、代理店ごとにサービスやサポートの内容・水準が大きく異なる場合があるため、保険会社に対する不満はなくても、代理店を変えたくなる人もいるでしょう。そのほか、現在の保険会社から他へ乗り換えをする際や引っ越しなどを理由に保険会社はそのままで代理店を変更したいなど、代理店を変更したいときにはどうすればよいでしょう。ここでは、ノートラブルで代理店変更ができるテクニックをご紹介します。

自動車保険の「車両入替」って何?

自動車保険の「車両入替」って何?

「車両入替」とは、文字どおり自動車保険で契約している車両を、別の車両に入れ替えることです。自動車保険は、契約対象である車に紐付けられています。あなたが保険をかけた車を、他人が運転して事故を起こしたとしても、その損害は基本的に車両にかけられた保険によって補償されます。ですから、車を買い換えた場合などは、これまで契約していた車から新しい車に契約を切り替えなくてはならないのです。しかし、全ての車が変更できるわけではありません。ここでは、自動車保険の「車両入替」について、知っておきたいことをご紹介します。

任意自動車保険の証券は、車に積んでおくべき?

任意自動車保険の証券は、車に積んでおくべき?

車を運転するときに常に携行しておく運転免許証はもちろん、車検証と自賠責保険証明書は、運転する車に載せておくことが義務付けられています。ちなみに、車検証は道路運送車両法、自賠責保険証明書は自動車損害賠償保障法という法律で携行が義務付けられていて、違反した場合には罰金刑が規定されています。検査標章を表示することも義務付けられていますが、大抵は車検終了後に車に貼られますので、違反する方はあまりいないと思います。では、任意保険の保険証書も、自賠責保険と同じく車に備え付けておかなくてはならないのでしょうか?

自動車保険の無駄を省くなら、補償の重複をチェック!

自動車保険の無駄を省くなら、補償の重複をチェック!

決して安くはない自動車保険の保険料。複数の保険会社から見積もりを取り、補償内容や保険料を見比べて、最善の選択をしたいと考えている人も多いでしょう。しかし、そんな賢いユーザーでも忘れがちなのが「補償の重複」です。補償の重複を避けることで、保険の無駄が減り、その人にとって最適な補償内容となるのです。ここでは、自動車保険の補償の重複について考えていきましょう。

ご存じですか? 自動車保険の「3つの名義」

ご存じですか? 自動車保険の「3つの名義」

車や保険の話題でよく使われる「名義」という言葉には、複数の意味があります。通常は、「所有者」や「契約者」という意味合いで使われることが多いのですが、厳密な意味を気にして使っている人は少ないのではないでしょうか。ですが、自動車保険の分野では3種類の名義があり、それぞれに明確な違いがあります。その違いをきちんと知っておかないと、万一のときに保険が使えないということにもなりかねません。ここでは、普段何気なく口にしている自動車保険の名義について、確認しておきましょう。

対人賠償保険と自賠責保険の違い

対人賠償保険と自賠責保険の違い

対人賠償保険など、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

「運転者家族限定」の「家族」の範囲

「運転者家族限定」の「家族」の範囲

運転者家族限定など、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

対物賠償保険の補償範囲

対物賠償保険の補償範囲

対物賠償保険など、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

台風や洪水など自然災害時における自動車保険の補償

台風や洪水など自然災害時における自動車保険の補償

自然災害時における自動車保険の補償など、専門用語の多い自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説。

自由化による自動車保険の変化

自由化による自動車保険の変化

各自動車保険会社が、新しい自動車保険プランを発信し続けている昨今。ユーザーは補償内容や保険料を比較しながら、自身に合った自動車保険会社を選択しています。このような時代が到来するきっかけとなったのが、いわゆる「自動車保険の自由化」です。

自宅カギ開けから医療相談まで! 意外と使える「損保の優待・契約者サービス」

自宅カギ開けから医療相談まで! 意外と使える「損保の優待・契約者サービス」

自動車保険会社のなかには、直接的には自動車とは関係のない便利&ユニークなサービスを用意している会社もあります。その内容は「自宅のカギ開け」や「24時間の医療相談受付」など様々。意外と使える損保のサービスとは。

▲自動車保険の仕組みに関する特集 TOP

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。